Drama Guide ドラマガイド

ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~2021/10/20

番組情報

10月4日 スタート フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54

あらすじ(第4話 10月25日放送)

ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~/第4話

独身の放射線技師・たまき(山口紗弥加)を結婚相談所に登録させようと、母・るり子(中田喜子)が病院に現れた。同じ頃、弁護士の夫・誠司(忍成修吾)を持つ成美(臼田あさ美)が腹痛を訴え搬送される。便秘と診断した杏(本田翼)は、唯織(窪田正孝)の提案で大腸の内視鏡検査を勧めるが、育児と抵抗感を理由に断られてしまう。一方で、たまきと口論になったるり子が転倒し…。

キャラクター紹介

  • 五十嵐唯織(窪田正孝)
    エックス線検査やCTで病変を写し出す診療放射線技師。「写真には必ず真実が写る」が信条。医師免許もあり、天才的な読影能力を持っている。アメリカから2年ぶりに帰国して甘春総合病院に戻ってきた。杏に片思いしている。
  • 甘春杏(本田翼)
    唯織の幼なじみで放射線科医。かつて父親が甘春総合病院の院長を務めていた。2年前「優秀な放射線科医になる」と唯織に言った約束に、後ろめたい気持ちを持っている。
  • 広瀬裕乃(広瀬アリス)
    甘春総合病院の放射線技師。新人の頃はミスばかりだったが、持ち前の努力で成長。唯織に恋心を抱いている。
  • 黒羽たまき(山口紗弥加)
    放射線技師。以前は甘春総合病院に勤務していた。ドSでかなり毒舌だが、仕事はとことん完璧を追求する。
  • 小野寺俊夫(遠藤憲一)
    甘春総合病院の放射線技師長。適当に見えるが、仕事に対するプライド、技術はピカイチで部下思い。
  • 大森渚(和久井映見)
    甘春総合病院の前院長。ラジエーションハウスのメンバーのよき理解者。

出演者

窪田正孝/本田翼/広瀬アリス/山口紗弥加/遠藤憲一/和久井映見 ほか

スタッフ・音楽

原作:横幕智裕、漫画:モリタイシ「ラジエーションハウス」(GJ/集英社)/脚本:大北はるか/演出:鈴木雅之/演出:相沢秀幸/演出:水戸祐介/プロデューサー:草ケ谷大輔
主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

概要

窪田正孝演じる天才放射線技師が2年ぶりに復活! “病の写真家”たちの人間ドラマ

2021年秋ドラマガイド/ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~

レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を見つけ出す、“縁の下のヒーロー”とも称される放射線技師たちの活躍を描く人気ドラマの続編。前作に引き続き、主人公の天才診療放射線技師・五十嵐唯織を窪田正孝が演じるほか、本田翼、広瀬アリス、浜野謙太、丸山智己、矢野聖人、山口紗弥加、遠藤憲一、鈴木伸之、浅野和之、和久井映見らおなじみのキャストが再集結。八嶋智人、高嶋政宏も新たに加入する。前作から2年経ち、唯織は日本に帰国。しかし、甘春総合病院は新院長による経営合理化で放射線科の読影を外部へ委託するようになり、ラジエーションハウスのメンバーは散り散りになっていた。

記者会見情報

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」会見

フジテレビ系で放送の「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」の取材会に、主演の窪田正孝と共演の本田翼が出席した。同作は、レントゲンやCT(コンピューター断層診断)で病変を見つけ出す放射線技師たちの活躍を描く人気ドラマの続編で、窪田が天才放射線技師・五十嵐唯織、本田が放射線科医の甘春杏を演じる。窪田は「またあの楽しい日々が帰ってくるんだという思い。今の世の中の状況があったからこそより一層それを感じられました」と続編への喜びを語った。お互いの変化を聞かれると、窪田は「本田翼さんが再生回数のとんでもないYouTuberになりました」と笑わせつつ、「これは監督も言っていたことですが、芝居がうまくなった。前回とは別人に思えるくらい、本田翼の奥行きを感じました」と太鼓判。一方の本田は「窪田くんが既婚者になり、そして朝ドラ俳優にもなりました」とそれぞれの成長を祝福した。


本田翼さんに、前回とは別人に思えるくらい奥行きを感じました(窪田正孝/五十嵐唯織)

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」会見:窪田正孝/五十嵐唯織

Season2が始まるということで、またあの楽しい日々が帰ってくるんだという思いが率直にあります。仲のよさが詰まった作品だったので、2年越しにみんなに会えるという、今の世の中の状況があったからこそより一層それが感じられました。Season1を見てくださっている方々の反響が多くて、青い服のイメージが強いらしいです。青はこのドラマのイメージカラーでもあるので、そう言われるのはうれしかったです。前回からの変化としては、本田翼さんが再生回数のとんでもないYouTuberになりました(笑)。そして、前回とは別人に思えるくらい奥行きを感じました。普段はいつも通りの彼女だけれど、(撮影の)スタートがかかった時の重さや空気感を変える力をまとっていると思いました。天才だと思うところは、何を言っても許される存在というところです。大御所俳優さんにタメ口を使っても許されそうだし、怒って帰っても許されそう。空気を変えてしまう力は彼女ならではのもので、そこにいるだけで空気が柔らかくなります。


大変さを悟らせないようにするのが窪田くんのすごいところです(本田翼/甘春杏)

「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」会見:本田翼/甘春杏

Season2が始まると聞いた時は、つらくも楽しい青春が帰ってくると思いました。前作からの変化としては、窪田正孝くんが既婚者になりました。そして朝ドラ俳優になり、健康志向にもなりました。窪田くんは、難しいセリフがたくさんあるのに当たり前のようにスラスラと言い、覚えている痕跡や努力を見せないところがすごいです。サラッとやっているように見せつつ、長いセリフがある時の窪田くんの目の下にはクマができています。大変さを悟らせないようにするのが窪田くんのすごいところです。この2年間で新しく始めたのは、ジムです。ジムに行って体力をつけることを始めると、健康的に仕事も趣味もできるようになりました。前回は廊下を走っただけで筋肉痛になっていたのに(笑)。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.