Feature 特集

「ナイト・ドクター」第8話、田中圭演じる成瀬が葛藤。美月たちとは別の道へ…?2021/08/23

 救急医療の働き方改革として、試験的に結成された夜間勤務だけを専門に行う医療チーム「ナイト・ドクター」が、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく完全オリジナルの“青春群像医療ドラマ”「ナイト・ドクター」(フジテレビ系)。

 深刻な人手不足が叫ばれる日本の救急医療の世界で、月9ドラマ初主演の波瑠演じる救急医・朝倉美月が、働き方改革のメスが入った「柏桜会あさひ海浜病院」を舞台に、救急医の成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵) と共に、24時間365日“どんな患者も受け入れる”「ナイト・ドクター」として奮闘。くせ者ぞろいの「ナイト・ドクター」たちをまとめる指導医は、本郷亨(沢村一樹)。夜の病院は、厄介な問題を抱えた患者たちが次々に運ばれて来る。果たして、「ナイト・ドクター」は、すでに崩壊寸前の現代の救急医療を救う一筋の光となるのか。

■第8話(8月23日放送)あらすじ

 ナイト・ドクターになる前、脳神経外科医だった成瀬(田中)に脳神経外科への転科話がやってくる。脳外科医として専門技術をみがく道も捨て切れていなかった成瀬だが、決めきれず悩んでいた。そんな成瀬に医大時代の後輩・里中(古舘佑太郎)は週末までに決めた方がいいと助言し、一緒に働けることを楽しみにしていると伝える。脳神経外科部長・高梨英樹(益岡徹)のある言葉にひかれた成瀬だったが、行き場のなかった自分を迎え入れてくれた本郷(沢村)らに恩を感じていたのだ。

 成瀬の転科話を聞いた美月(波瑠)は幸保(岡崎)と深澤(岸)に事情を話してしまう。すると、幸保が自分たちの成長のために成瀬を引き留めようと息巻く。夜勤にやってきた成瀬に「成瀬“先輩”にご指導いただかないと無理!」などと言い、引き留めるのに必死だった。

 そんな中、脳外科手術が必要な患者が運び込まれてくる。成瀬が執刀にあたるが、処置の難しさから手術を途中で断念。その後、手術の依頼を高梨に頼みに行くが不在で、代わりに里中が対応することに。自分ができなかった手術を後輩が対応可能と知りふがいなさを感じていた。

 一方、深澤は美月、心美(原菜乃華)、岡本勇馬(宮世琉弥)とダブルデートに出掛け…。

【番組情報】

「ナイト・ドクター」
フジテレビ系
月曜 午後9:00~9:54

 フジテレビ担当 Y・O



この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.