News ニュース

波瑠主演「ナイト・ドクター」で一ノ瀬颯、野呂佳代、櫻井海音、原菜乃華、宮世琉弥が月9初出演2021/05/25

 一ノ瀬颯、野呂佳代、櫻井海音、原菜乃華、宮世琉弥が、フジテレビ系で6月にスタートする連続ドラマ「ナイト・ドクター」(月曜午後9:00、開始日未定)に出演することが分かった。5人は全員「月9」枠に初出演となる。

 本作は、夜間救急専門の“ナイト・ドクター”結成のために集められた、年齢も性格も価値観も全く異なる医師たちが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく青春群像医療ドラマ。柏桜会あさひ海浜病院でナイト・ドクターとして働くことになる主人公・朝倉美月(波瑠)が、救急医の成瀬暁人(田中圭)、深澤新(岸優太)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵) と共に、指導医・本郷亨(沢村一樹)の下で、“365日24時間、どんな患者も断らない”ナイト・ドクターとして奮闘する。

 一ノ瀬颯は、柏桜会あさひ海浜病院救命救急センターで昼間に働く“日勤”の医師・根岸進次郞、野呂は看護師・益田舞子に扮(ふん)し、同じく看護師の新村風太を櫻井海音、新の妹・深澤心美を原、心美の彼氏・岡本勇馬を宮世が演じる。

 一ノ瀬は「役者なら誰しもが憧れる『月9』枠に出演させていただけて、とても光栄です。目標とする先輩方とご一緒できる機会なので、多くを学ばせていただきます!」と気合十分。「僕が演じる根岸は昼間に働く医師です。昼の医師たちはどんな信念を持ち、何に重きを置いて働いているのか、ナイト・ドクターたちと対比的に演じていければと思います。医療と聞くと遠いものだと感じる方も多いかと思いますが、人として大事なことを教えてくれる本作をぜひ楽しみにしていてください」とコメント。

 野呂も「豪華出演者さまの中の一員にさせていただき、本当に光栄です。とてもとてもとても見応えのある作品。現場には毎日監修として、今も現場で働いているお医者さんや看護師さんが私たちを指導してくださっています。救急現場のリアルな動きを教えていただき、今の医療のお話を伺い、より一層医療従事者の方々へ心から頭の下がる思いです」と感謝。さらに「その思いが見ている皆さまにも伝わるよう、最後までドラマ制作の一員として頑張ります! 楽しいシーンもたくさんありますよ!私を探してくださいね!(笑)」とアピール。

 櫻井は「俳優としての新たな第一歩を『ナイト・ドクター』で踏み出せることが本当にうれしく、光栄に思います。今は世界的に苦しい日々が続いていますが、ナイト・ドクターが戦う姿を見て、視聴者の皆さまが少しでも前向きな気持ちになっていただければ」と願い、「今回演じさせていただく新村風太は、看護師としてナイト・ドクターの活躍に感化され、成長しようとする姿が、憧れの俳優の方々のお芝居を間近で見て、あんな俳優さんになりたい、もっともっと成長しなければ、という今の自分自身の思いと重ねることができたので、素の気持ちが新村として表現できていればと思います」と意気込む。

 そして、厳しいオーディションを勝ち抜き、役を射止めた注目の若手俳優の原と宮世。原は「初めてオーディション台本を読んだ時、心美のひたむきに生きる姿に涙が止まりませんでした。“この役を絶対にやりたい!”という強い思いで、オーディションに臨みました。心美は、16歳らしい明るくあどけない部分と、達観したものの見方や死生観を併せ持ち、怖くても顔を上げてたくましく生きる姿は、こんな今だからこそ自分を含めたくさんの人に響くものがあるのではないかと感じました。深澤心美という役を通して作品に込められたメッセージを届けられるように頑張ります」」、宮世も「自分が医療ドラマに出られるなんて思ってもいませんでした。台本もすごく面白くて、医療ということもあり、すごく緊張感がありました。その中で、今回僕が演じさせていただく勇馬は、原菜乃華さん演じる心美ちゃんとお付き合いをしているのですが、この心美&勇馬カップルにもぜひ注目してみてほしいです! こんな状況下だからこそ、共感する部分もたくさんあると思います。僕も本を読ませていただいて共感することばかりだったので、この作品がいろんな方に届いたらいいなと思います。それと同時に医療従事者の皆さまへの感謝の気持ちが大きくなっていきました。大切に一つ一つ全力で演じていきたいと思います」と、それぞれ新たな挑戦に気を引き締めている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.