Series 連載

Hakubi☆メジャーデビューアルバムリリースを経て―― “京都発”バンドとしての思いとは2021/09/29

 Vo.&Gt.の片桐、Ba.のヤスカワアル、Dr.のマツイユウキによる京都発のスリーピースバンド、Hakubiが9月8日にメジャーデビューアルバム「era(イーラ)」をリリースした。今回は2017年の結成以降、瞬く間にメジャーシーンへ駆け上がったHakubiの3人に、アルバムについてじっくりと話を聞いた。

――メジャーデビューアルバム「era」がリリースとなりましたが、このアルバムタイトルにはどんな思いを込めましたか?

片桐 「このアルバムでメジャーデビューということもあり、象徴的な1枚になると思ったので、自分たちのバンド名である“Hakubi”というアルバムタイトルでもいいかなと思っていたんですけど、アルくん(ヤスカワ)が“era”という言葉を提案してくれて。この言葉は、人物や変革をもたらした歴史的な出来事に特徴づけられる時代を指す言葉で。メンバー3人で話し合った時に、『絶対それだね!』ということですぐ納得してこのタイトルにしました」

――なるほど。今回のアルバムは、片桐さんの胸の中心から手の届く範囲の出来事や言葉を丁寧かつ素直につづった言葉と、それを支えるポップなサウンドが特徴的な作品だと思いました。中でも1曲目の「栞」はバンド初の映画主題歌ということですが、この曲はどのように制作されていきましたか?

片桐 「歌詞に関しては、おっしゃっていただいたように自分の手の届く範囲、自分の見たものや感じたものを言葉にすることが多いんです。だから、今回も『浜の朝日の嘘つきどもと』という映画で出てくる主人公にとっての“大切な存在”は、自分にとって誰だろうということを考えながら書いていきました」

――確かにこの歌詞は人に寄り添うというか、大切な人に向けた言葉が素直につづられていますよね。サウンド面についてはどんなことを意識しましたか?

片桐 「みんなに聴いてもらいやすいという点は大きな目標というか、聴いてもらいやすくて人の心に届きやすいというのはすごく意識しました。淡々とした曲調ではあるんですけど、それがどんどん心へ染みていくような、重すぎないサウンドが大事なのかなと思っていて」

ヤスカワ 「サウンドは、片桐が言ったことが正解で。この曲はアコースティックのセットでもやれますし、シンプルなんですけどちゃんと息が合うところ、グルーヴがあるところはしっかりとあって、コピーもしていただきやすいと思うんです。より大衆的なことを意識したというか、本当に対象年齢が広い曲なんです。ご飯で例えると、そうめんみたいな感じ」

マツイ 「なんでご飯で言うねん(笑)」

ヤスカワ 「いや、さっぱりした感じというか」

片桐 「もうちょっとコッテリさせてもいいんじゃない?」

マツイ 「まあ、そうめんはなんでも合いますもんね(笑)」

片桐 「まあ、そうですね(笑)。シンプルを求めた結果、朝にも合うし、夜にも、雨の日にも晴れの日にも合う、どんなシーンにも合う曲ができたのかもしれません」

――MVには、オリンピックにも出場した空手の植草歩選手が出演されていますが、この経緯についても教えていただけますか?

片桐 「『栞』のMVにはどなたかに出演していただきたいなという思いがあって、ちょうどそのタイミングで『植草さんという、空手の選手がいるんやけど』と教えていただいたんです。私は、柔道をやっていたんですけど、武道ってすごくしきたりが多いというか。爪は伸ばしてはいけないとか髪は丸坊主にしなきゃいけないとか、すごく厳しい決まりのようなものに囲われているところで、植草さんは女性としてのアイデンティティーを持っている方で、すごく強い意志を感じたんです。私自身も音楽をやる中で、自分らしさとはなんだろうと自問自答しながら活動している部分があって。アイデンティティーを持っている植草さんなら私が抱えている思いを分かってくれるかもしれないと思って、お声掛けさせていただいたんです」

――MVの撮影中、印象深い出来事はありましたか?

片桐 「撮影の日はメンバー3人で朝から行かせていただいたんですけど、いろいろとお話させていただく時間があって。植草さんが『歌詞が、私がいま思っていることと全部同じだった』と言ってくださってとてもうれしかったですね。あと、植草さんの精神力の強さにも感動して。私は弱音を吐いてしまうタイプで、『弱音を吐きたくなった時にはどうするんですか?』と聞いたら『私は、弱音は絶対に吐かない。吐いてしまうとそれによって自分が弱くなっていってしまうかもしれないから』とおしゃっていて、その言葉がすごく響いたんです。吐き出すことって自分にとって大切なんですけど、それによって自分が崩れていってしまうことが過去に多かったので、今後は植草さんのようにしていきたいと思いました」

――いい出会いだったんですね。今回のアルバムは「栞」の他にも多くの曲が収録されていますが、個人的にお気に入りの曲を教えていただけますか?

片桐 「じゃあ、まずはアルくんから?」

ヤスカワ 「いや、まずみんな何を言うか決めておこう」

(作戦会議が始まる)

片桐 「はい、決まりました」

――作戦会議が終わったようなので、マツイさんから聞いていきましょうか!

マツイ 「僕は、『誰かの神様になりたかった』ですね。この曲はすごく僕の好みの曲で。弾き語りから始まるんですけど、2分くらいずっと片桐ゾーンというか、すごく引き込まれる状態からバンドサウンドがいきなりくる感じが好みなんです。ライブで化けるこの曲で僕らは無双できるんじゃないかとも思っていて、Hakubi的にも新しい一面を出せたと思いますし、ライブをずっとやってきたバンドなので、これからもこのスタンスでやっていきたいですね」

片桐 「『誰かの神様になりたかった』は一番最後に作ったんですけど、メジャーデビューに対しての自分の答えみたいな、インディーズ時代の自分からメジャーデビューにかけての自分の答えを出している、私にとっても大切な曲ですね。あと『アカツキ』という曲が私の中では大きい存在で。コロナ禍で曲を作れなくなってしまって、なんのために頑張ればいいのかとなってしまったところから、自分と向き合って一歩踏み出せた曲がこの曲なんです。自分の再生の曲でもあるというか、初めて“この曲を作れて良かった”と思った曲ですね。言葉にできて良かったし、音にできて良かったと思えた曲が『アカツキ』です」

ヤスカワ 「僕は『悲しいほどに毎日は』という曲が一番好みですね。この曲はちょうど去年の自粛期間に作った曲なんですけど、アルバムに入れるかどうかは瀬戸際まで悩んでいて。収録した理由は、今年の5月にVIVA LA ROCKに出演させていただいた時に、大人数のお客さんの前でライブをしている先輩方を見て、こういうステージで、ちゃんと自分たちの色を出せる曲が欲しいなと感じた経験が大きくて。初めて大きいフェスに出演して、そういう大舞台でもセトリの中に組み込んで、ゆくゆくみんなで一体となって盛り上がれる曲が欲しいなって思ったんです。この曲はシンガロングが特徴の曲なので、今後ライブで盛り上がる曲になればいいなって思います」

――最後に、今後の活動で考えていることはありますか?

片桐 「今年はいろんなフェスがなくなってしまったので、すごく寂しいなと思っていて。あらためて、フェスに出たいなと思いました。あとは、一昨年から少しずつやっている、Hakubiの自主企画のライブイベント『京都迎撃』を大きくしていきたいと思ってます。京都でいえば、くるりやROTTENGRAFFTY、10-FEETという名だたる先輩方が自主企画のフェスをやっていて、そこに強い憧れがあるし、そこに続きたいと思っています。京都といえばHakubiと言ってもらえるようなことを今後もやっていきたいです」

マツイ 「僕も同じで、『京都迎撃』をフェス化したいと思っているんです。ROTTENGRAFFTYの『ポルノ超特急』も、もともとはライブハウスイベントだったものがどんどん規模が大きくなってフェスになったものだし。僕らの『京都迎撃』もホームである京都MUSEからスタートして、今年は京都KBSホールでやらせていただいたので、今後も規模を大きくしていきたいと思っています。『京都大作戦』『ポルノ超特急』『京都音楽博覧会』『京都迎撃』みたいな感じで並びたいというのが目標です!」

ヤスカワ 「目標は片桐とマツイが言った通りですね。ライブでも音源でもちゃんといろんな人に聴いてもらえるようにしていきたい。応援してくれている人がたくさんいるので、ちゃんと期待に応えたいって思っています。そしてバンドがもっと大きくなったら、馬を飼って、馬で移動しようと思っています」

片桐 「『馬を飼いたい』って、ずっと言ってるよね(笑)」

マツイ 「確かに(笑)」

ヤスカワ 「馬が好きなんですよね」

――なるほど(笑)。ではヤスカワさんの夢が実現するかどうかも注目していきたいと思います!

【プロフィール】

Hakubi(はくび)

2017年結成。京都発のスリーピースバンド。地元京都を中心に全国で活動中。20年10月にメジャーデビューを発表し、同年11月に1stデジタルシングル「アカツキ」をリリース。2ndデジタルシングル「在る日々」は全国のラジオ、CSチャンネルなど47局でパワープレーを獲得している。

【作品情報】

ALBUM「era」
発売中 ¥3,000

映画「浜の朝日の嘘つきどもと」の主題歌「栞」、同作のドラマ版の主題歌「アカツキ」、ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」の主題歌「道化師にはなれない」などを含む全12曲を収録した、Hakubiのメジャーデビューアルバム。

【プレゼント】

サイン入り生写真を1名様にプレゼント!

応募はコチラ→https://www.tvguide.or.jp/tvguide_enquete
(応募締切:2021年9月29日正午〜10月6日午前11:59)

ハガキでの応募方法は「TVガイド」」10月8日号(P98)をご覧ください。
「TVガイド」の購入はコチラ→https://honto.jp/cp/netstore/recent/tokyonews-book/01.html

取材・文/笹谷淳介 撮影/大槻志穂

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.