Feature 特集

<「クロシンリ」乃木坂46・久保史緒里インタビュー!【後編】 >今までの自分を変えられそうな予感も。「自分をもっとさらけ出せるように変わりたい」2021/04/22

 4月22日に関西テレビでスタートする連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(木曜深夜0:25、関西ローカル)。本作は、何げない言動やしぐさで他者の行動や感情を支配し、思いのままにコントロールする“ブラック心理術”を巧みに操る女性・クロノサキが、対人関係に悩む人の前にふっと現れては、「あんたバカ?」と見下しながらも、その悩みを解決するための“ブラック心理術”を指南していく痛快サスペンス。

 人の性格すら変え、ときに相手を社会的に抹殺してしまうほどの力を持つ、サキが授ける“ブラック心理術”とは、人間関係を良好にする良薬なのか? それとも、人生さえも一変させる劇薬なのか? ミステリアスなサキにもてあそばれる人々の姿をブラックユーモア満載に描きます。

 そして、普段はドSで毒舌だが、時折おちゃめな一面も見せ、“ブラック心理術”で相手を操る本作の主人公・クロノサキを演じるのが、ドラマ初主演となる乃木坂46の久保史緒里さん! 今回はクランクイン直後の久保さんにインタビュー! 後編ではドラマの見どころや自身がコミュニケーションを取る際に心掛けていること、ドラマ撮影を通して感じる自身の変化の予感などをたっぷり聞きました!(※前編はこちら:https://www.tvguide.or.jp/feature/feature-802561/

――サキがもし久保さんの前に現れたらどんなことを相談してみたいですか?

「人間関係とかは悩んでいないんですけど…周りに気を使い過ぎてしまう性格なので、自分の本音を語ったり、自分をもっとさらけ出したりできるように変わりたいって相談すると思います。あと、どうしたら周りに良くない印象を与えずに自分らしく生きられるかっていうのは聞きたいです」

――自分を出すのに時間がかかるタイプなのでしょうか?

「そうですね。どこにいても『自分らしいな、今』って思えるのに時間がかかる方なので、どんな場所でも心を軽やかに、自分らしく生きるにはどうしたらいいのかは気になります。先輩の生田絵梨花さんは、すごく自分らしく、自分の生きる道に責任を持って楽しんでいらっしゃるなと憧れています。そんな生田さんのように、自分で思ったことをしっかり伝えつつ、周りに良い影響を与えられる人になれればいいなと思います」

――本作を通して今の自分を変えられそうな予感はありますか?

「すごくしています。連続ドラマ初主演を務めるこの期間をどう過ごすかが重要で、学びも多くあると思うので、この撮影が終わった時に変わっていられるように努力したいです」

――まだ撮影が始まって日が浅いですが、現時点でも得たものはありますか?

「昔から言われていることなんですけど、『表現の波が小さい』と言われることが多くて、その壁にいきなりぶち当たっているなということを感じています。また、心を開放的にするのに時間がかかってしまうのが自分の悪いところだなと思っていて、現場の皆さんがすごくオープンに来てくださるので、自分ももっと早く開放的になれたらもっと楽しんでできるんだろうなと思います。また、1人でいたり周りに見えていなかったりというシーンが多いのですが、監督さんから『下を見てるとすごく寂しそうに見えたり、弱気に見えたりしてしまう』という言葉をいただいたんです。私の中では上を向いてると思っていても十分でないことが多くて、撮影が始まってからは背筋を伸ばしたり、凛としてみたり、上を向いて歩くようになりました」

――先日アップされていたブログで、今年の目標に“声を鍛える”ということを挙げられていました。今回も声を発するお仕事ですが、サキの声で何か意識することはありますか?

「今回の役柄がいかに相手の心を揺さぶるか、相手を沸点に上げられるかという役なので、ハッキリと迷いのない、すべてお見通しというような話し方ができればと意識しています」

――本作は人間関係など、コミュニケーションにも密接な関係があると思いますが、久保さんが普段コミュニケーションを取る上で意識していることはありますか?

「話を聞くことが好きなので、相手が話しやすいように話題を振るというのは無意識にやっているのかなと思います。でも、たまに質問責めにしちゃう時もあるんですが、相手から『話してて楽しい』って言われた時には『これで良かったんだな』と思えますね。最近では早川聖来ちゃんが、『史緒里ちゃんと話したい』と言ってくれて、何でも話してくれるようになったので、すごくうれしいですね」

――相手が話をしやすくするというのは、どんなきっかけで始めたのでしょうか?

「昔、チアダンスを習っていた時に、先生から『人の話に対してリアクションを取りなさい』ということと、“相づちの大切さ”を教えていただいていたのですが、そこかなと思います。この間ファンの方に、『ラジオ番組などでメンバーと対話する時の、“相づちの間”が好きです』と言っていただいたことがあって、自分ではそう思っていなかったので、すごくうれしかったです」

――ファンの方と普段からイベントなどで接していらっしゃると思うのですが、コミュニケーションの大切さは感じますか?

「そうですね。このような状況で握手会などが開催できない中でも、オンラインミート&グリートという形で皆さんとお話をしているのですが、ライブや番組などについて、リアルタイムで話せることってすごく大事だなと感じています。お互いに思ったことを共有して、『今度はこういうことに挑戦してほしい』『こんなことをしてほしい』などを皆さんが伝えてくださるので、私も『今度はこんな仕事頑張ってみよう』と力になります。コミュニケーションというのは、活動をしていく上で欠かせないものなんだなと思います」

――女優の仕事も今後続けていきたいとのことでしたが、“こんな女優になりたい”という目標はありますか?

「今までは、『お芝居をしたい』と言うことにも少しちゅうちょしているところがあったんですが、今回やらせていただいたことで、もっとアイドルというフィルターを超えて戦いたいと思うようになりました。ドラマ現場の皆さんにすごく支えられていると感じるので、まずは、ここでお世話になった皆さんに恩返しができるような活動をしていきたいなと思います」

――では、ドラマの見どころを教えてください。

「すごく新しいジャンルのドラマだと感じていて、サキのアドバイスで相談者の人生が良い方に行くのか、大変な方に行くのか、どっちに転がるか分からないドキドキ感や、サキがどんな展開の中で現れるのかということは注目だと思います」

――久保さんの演技で注目ポイントはどこですか?

「えー、何だろう…(笑)。普段の私とのギャップももちろんですし、サキの達観している感じとちゃめっ気のある感じのギャップは注目だと思います。そこをいかに私が表現できるかということなんですけど、いま言ってしまったからには、そこを意識して撮影を頑張っていきたいと思います(笑)」

――最後に放送を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

「作中の相談者が抱えている問題や悩みは視聴者の方にも共通する部分があると思うので、少しでも救いの手になるようなドラマになればいいなと思います。同時にサキと同じように、『この人、良い方と大変な方のどっちに転がるんだろう』と楽しみながら見ていただけたらうれしいなと思います!」

――ありがとうございました!

 連続ドラマ初主演を務める久保さんの演技に注目の「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」は本日スタート! お楽しみに!

【プロフィール】

久保史緒里(くぼ しおり)
2001年7月14日生まれ。16年に3期生として乃木坂46に加入。20枚目シングル「シンクロニシティ」で初の選抜メンバーに選ばれ、最新シングル「僕は僕を好きになる」ではフロントメンバーを務める。また、雑誌「Seventeen」の専属モデルを務めるなどさまざまな分野で活躍する。

【番組情報】

「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(全8話)
関西テレビ 
4月22日スタート 木曜深夜0:25~0:55(関西ローカル)
BSフジ
5月1日スタート 土曜深夜0:30~1:00

取材・文/秋山隼人

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.