News ニュース

久保史緒里が「クロシンリ」会見に登場。演じるサキっぽいメンバーは齋藤飛鳥!?「いい意味で操られているんじゃないかな」2021/04/22

 関西テレビ・BSフジ共同制作の連続ドラマ「クロシンリ 彼女が教える禁断の心理術」(関西テレビ=4月22日スタート  木曜深夜0:25、BSフジ=5月1日スタート 土曜深夜0:30)。初回放送目前に控え、主演の乃木坂46・久保史緒里がリモート会見に出席し、撮影中のエピソードなどを語った。

 ドラマは、“ブラック心理術”を巧みに利用し、相手の心を翻弄(ほんろう)するミステリアスな女性・クロノサキにもてあそばれる人々をブラックユーモア満載に描く痛快サスペンスドラマ。連ドラ初主演の久保が、巧みに他人を操るドSで毒舌のサキを演じる。

 

 久保はオファーを受けた際のことを「映像作品に挑戦したい気持ちがすごくあったので、初めて挑戦させていただけると知ってうれしかったです。メンバーのいない環境ということなので、それも挑戦だなと思いました」と当時を振り返った。

 役作りに関しては「衣装の撮影の段階で『堂々といてほしい』ということを言われていたので、視線を落とさないで自信があるように見せるようにということは心がけていました」と、普段の自分とは違うキャラクターを演じるための工夫を明かした。

 一方、サキとの共通点は「サキは人に興味がある人なんだなと感じたので、それは私自身も共通していると思います」と明かす久保に、「乃木坂46メンバーでサキっぽい人は?」という質問が飛ぶと、齋藤飛鳥の名前を挙げ「操られている感覚はないんですけど、『この話、飛鳥さんに話したいな』『この話。飛鳥さんに相談したいな』と思っている自分がいるので、優しさにいい意味で操られているんじゃないかなと思います」と笑顔を見せた。

 撮影を通して「当たり前かもしれないんですが“人と話して目を合わせて笑う”という当たり前かもしれないことが、かけがえのないことなんだなと、撮影現場の皆さんに教えていただきました。初主演ということは1回きりなので、この経験は私の今後の人生においても大切な時間だったと思います」と心境を述べつつ、自分では気付かない変化もあったようで「久しぶりに会ったメンバーに、『顔がすごく大人っぽくなったね』って言われて、まさか外見に変化が現れるとは思っていなかったのですごくうれしかったです」と、撮影を通しての成長ぶりも垣間見えた。

 また、周囲からはMと言われることが多いという久保だが、「(メンバーの)田村真佑ちゃんとすごく仲がいいんですけど、私以上にMな真佑ちゃんにSっ気を発揮しているところがあるなと感じたことがあって…(笑)。この現場がクランクアップした後だったので、もしかしたらまだサキが残っているのかなと思ったところがありましたね」と、新たな一面についても示唆した。

 最後には「“ブラック心理術”ということがテーマになっていますが、学校や会社でさまざまな悩みを抱えている方の、人生が生きやすくなるヒントが転がっているドラマなんじゃないかと思うので、たくさんの方に見ていただきたいです。個人的には初めて主演を務めさせていただいて、初めてという瞬間は一度きりですし、初めての作品がこの作品で良かったと心から思えた場所なので、ぜひ見ていただけたらと思います」と視聴者へメッセージを送った。

 なお、本日午後5:00から、ドラマ公式Twitter(https://twitter.com/kuroshinri_ktv)で、久保が生配信ライブを行う。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.