News ニュース

タモリ×山中伸弥の「人体」シリーズ特別編! トップアスリートの運動能力の秘密が明らかに2021/07/19

 NHK総合では、本日7月19日にタモリ×山中伸弥教授(京都大学 iPS細胞研究所所長)がタッグを組む「人体」シリーズの特別編「タモリ×山中伸弥『超人たちの人体』~アスリート 限界への挑戦~」(午後7:30)を放送する。

 タモリと山中教授が共演し、2017年から続く「人体」シリーズは、人体の神秘的な秘密を解き明かしていく知的エンターテインメント。今回は、世界の頂点を極めるトップアスリートたちの、驚くべき強さの秘密に迫る。

 登場するのは、競泳世界選手権6冠を達成したケレブ・ドレセル選手、リオパラリンピック陸上で、全距離種目メダル獲得のタチアナ・マクファーデン選手、2時間切りを狙うマラソン世界記録保持者、エリウド・キプチョゲ選手。いずれもメダル獲得が期待されるアスリートたちを、NHKが独占取材。科学、特撮、CGを駆使した最新技術「シネマチックレンダリング」を用い、肉体を細部まで可視化。超人たちの格闘の痕跡、人類の進化がもたらす驚異の運動能力の秘密を掘り下げていく。

 収録を終えたタモリは「VTRは驚きの連続でした。まさかこういう番組になるとは思っていませんでした。スポーツに関しても、科学の進歩がなければ分からなかったことがどんどん分かってきています。例えば、脳の力も関わっていること、これが一番衝撃でした」と感想を語り、「いかに自分は意志が弱いか(笑)。オリンピックの見方が変わるでしょうね」と期待をもたせる。

 山中教授は「事前に台本で読んでいたつもりなんですが、実際に映像を見たらビックリしました。オリンピックで金メダルを目指している人たちの、表には出てこない努力。それを科学的にさらに素晴らしい映像で見せていただいて、同じ競技を見るにしても全然、見方が変わるんじゃないかと思いました。ぜひ、ご覧いただきたいです」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.