News ニュース

「来世ちゃん2」にSWAY、工藤遥、板垣李光人が新キャラで登場2021/07/08

 テレビ東京ほかで8月11日にスタートするドラマParavi「来世ではちゃんとします2」(水曜深夜0:40)のゲスト共演者が解禁。SWAY、工藤遥、板垣李光人が出演することが分かった。さらに、ドラマのメインビジュアルも公開された。

 「グランドジャンプ」(集英社)で連載中のいつまちゃん氏による同名コミックを原作に、2020年にシーズン1が放送された「来世ではちゃんとします」は、主演の内田理央が5人のセフレと関係を持つ性依存系女子を演じ、過激で体当たりの演技と誰もがどこか心にグサッと刺さるストーリーが話題となった。

 物語の舞台は、CG制作会社「スタジオデルタ」。そこで働く社員たちは全員が“性”をこじらせていた。性依存系女子、BLオタク、魔性のタラシ、処女厨、風俗ガチ恋…。そんな社員の1人、大森桃江(内田)は承認欲求と好奇心と寂しさの狭間で5人のセフレと愛を営む性依存女子だ。「セックスは金のかからない趣味」と割り切っているが、一番のお気に入りであるセフレのAくんには本気で恋をしている。商社勤務のAくんは高学歴・高収入のハイスペックのイケメンだが、SM趣味があるなど性癖はちょっと特殊。そして、Aくんには別に本命の彼女がいる。桃江は切ない思いを募らせながらも、自分の恋が決して報われないことを自覚しており、そんな自分の人生を「まーいっか。来世ではちゃんとしますということで」と、どこかクールに考えているのだった。

 シーズン1でおなじみのキャラクターたちは今作にも登場。それに加え、初登場となる癖の強いキャラクターたちが、このたび発表となった。

 スタジオデルタの取引先「カントリーカートゥーン」で働く陽キャラなバイセクシャル・白木史敏を演じるのが、DOBERMAN INFINITYのメンバーとしてアーティスト活動をするほか、俳優としても活躍するSWAY。「白木史敏はキャラクター性ある濃い役で、ワクワクしましたね! 役作りとしては、独自の個性があって、その場の空気を一気にガラッと変えられる明るさを意識しました! 指パッチンが昔から得意というか癖だったんですけど、今回それが役に生かされたので、ぜひ注目してほしいです」とアピール。

 また、工藤は、男うけ抜群で女子力が高くあざとい「カントリーカートゥーン」の社員・楠あやか役を務める。「台本を読んで、キャラクターの濃さ、癖の強さにニヤニヤし、あまりコメディーをやったことがなかったので、早く演じたくてたまらなかったです。楠あやかは超陽キャの、コミュ力おばけだなと思います(笑)。なんか鼻につく、はっきり嫌う理由ないけどなんか苦手、こういう『なんか』って言葉が似合うキャラクターだと思いました。女子が苦手な女子といいますか、そこを意識して演じていました」と自身の役柄を紹介。「撮影期間は短かったですが、内田理央さんをはじめ、皆さんがとても温かく迎えてくださり、『来世ちゃん』の撮影秘話をたくさん聞かせてくださいました。また参加したい空間でした。
『来世ちゃん』の世界に参加できることを、とても光栄に思っています。『あ〜、いるいる〜』とちょっとウザがってもらえたら、私は大満足です!!」とメッセージを寄せる。

 そして、白木のそばに寄り添う謎の美少年・伊森レオポルトに板垣が扮(ふん)する。「レオは率直にかわいいなと印象を受けました。ツン83%、激デレ11%、そのほか6%といったあんばいで、このかわいさを皆さまに伝えられるよう演じる身としては計算高くあざとく臨みました。まだ何話に登場するかは秘密ということですが…。『来世ちゃん』のユーモアにコーティングされたスパイスにピリリとしていただきつつ、レオくんと白木さんがどう描かれるかというところも楽しみにしていただければと思います」とコメントしている。

 なお、シーズン1に引き続き、今回も絶大なインパクトのメインビジュアルが完成。ヒマワリ、水着、スイカに囲まれ、野球をする桃江の手に握られているのはバットではなく…!? 夏らしさ、ツッコミどころ満載の絵柄となっている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.