News ニュース

「八月は夜のバッティングセンターで」で元メジャーリーガー・岡島秀樹がドラマ初出演! クリープハイプが手掛けた楽曲も初解禁2021/06/22

 テレビ東京ほかで7月7日スタートの水ドラ25「八月は夜のバッティングセンターで。」(水曜深夜1:10)の第1話に、元メジャーリーガーの岡島秀樹が出演することが分かった。さらに、本作の60秒トレーラーが公開となった。

 本作は、2019年にアニメ化されたことでも知られる人気アプリゲーム「八月のシンデレラナイン」から着想を得た完全オリジナル作品。舞台は都内のあるバッティングセンター。訳あって夏休みに叔父が営む「夏葉バッティングセンター」でアルバイトをすることになった17歳の女子高生・夏葉舞(関水渚)と、「バットのスイングだけで、その人がどんな悩みを抱えているか分かる」と豪語する47歳の謎の元プロ野球選手・伊藤智弘(仲村トオル)が、毎回バッティングセンターに現れる悩める女性たちを「野球論」で例えた独自の「人生論」で解決へと導いていく。「ライフ・イズ・ベースボール」を合言葉に、野球というテーマを通して人々の背中を少しだけ押していく、新感覚の“ベースボール・ヒューマンドラマ”だ。

 ドラマでは、毎回バッティングセンターに現れる女性たちの悩みを理解した仲村演じる伊藤が、「ライフ・イズ・ベースボール」という言葉を口にすると、不思議な力によって、舞たちと共に野球場へワープ。妄想の世界に球界を代表するレジェンドたちがサプライズ登場し、伊藤の野球で例えた独自の人生論を、なんと選手自ら再現し、問題を解決に導く。

 その初回に登場する球界レジェンドが、現在野球解説者を務める岡島。巨人にドラフト3位で入団し、日本ハムで活躍後、MLBのレッドソックスへ移籍。ノールック投法で日米通算815試合登板という野球史に残る経歴を誇る元メジャーリーガーが、ドラマの中でその衰えない投球フォームを披露する。

 岡島は「ドラマは初めてのチャンスだったのですごく楽しみにしていました。こういうチャンスを生かしていきたいと思いましたし、しっかり自分の持ち味を発揮したいと思います」と初のドラマ出演に期待しつつ、「小さい時から野球を続けてきましたけど、僕らの時代は野球かサッカーかの2択。その中で野球を選択して、それが仕事として長くやらさせてもらって…野球が自分の人生の中でかけがえのない、素晴らしい一つのベースになったと思うんです。野球があるからこそ自分があるのかなっていう感じですよね」と、まさに“ライフ・イズ・ベースボール”を体現するコメントを寄せた。

 そして、野球愛がたっぷり詰まった60秒のトレーラーが完成し、テレビ東京公式ドラマチャンネルで公開(https://youtu.be/jspPqbHHwQU)。ストーリー映像とともに流れる楽曲は、初解禁となるクリープハイプのオープニングテーマ「しょうもな」だ。また、エンディングテーマもクリープハイプによる「こんなに悲しいのに腹が鳴る」に決定している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.