News ニュース

松本人志&中居正広&ナイナイがサポート! フジテレビ新人アナ3人が2夜連続大型特番の総合司会に2021/06/22

 フジテレビ系では、8月28日と29日の2夜連続で「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」(時間未定)をゴールデンタイム枠で生放送する。

 番組タイトルが示す通り、テーマはズバリ“歌と笑いの融合”。2夜連続でそれぞれ4時間強、トータル約9時間にわたって繰り広げる超大型プログラムとなる。総合司会を務めるのは、フジテレビ入社1年目の新人女性アナウンサー・小山内鈴奈、小室瑛莉子、竹俣紅の3人。アナウンサー歴わずか3カ月半にして、全社を挙げての大型生特番の総合司会という、史上初のまさかの大役に挑戦し、進行を担当する。

 番組を盛り立てるべく出演するのは、松本人志、中居正広、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)の4人。松本は“キャプテン”として、中居とナインティナインは“サポーター”として番組の全編を通じて、総合司会の新人アナを支える。松本人志とナインティナインがMCとして共演するのは今回が初めてとなる。

 小山内アナは「入社して数カ月しかたっていないのですが、本当に私たちでよろしいのでしょうか…? 不安もありますが、このような大役をいただけて、今すごく鳥肌が立っています。出演される皆さんのお力をお借りして、3人で精いっぱい頑張ります! よろしくお願いいたします」と気合。

 小室アナは「生放送なので、どうなるのか想像もできませんが、新人らしく元気に一生懸命頑張ります! 放送までまだ2カ月あるので、まずは勉強を…と思いましたが、何から勉強していいのか分かりません。先輩たちに教えていただき、当日までには間に合わせます! どうかよろしくお願いいたします」と緊張気味。

 竹俣アナは「どうしてこうなったのか、今もまだ信じられません…ドッキリではありませんよね? 当日はきっと、生放送の進行で頭がいっぱいいっぱいになってしまうと思いますが、どこかで私たちらしさをお見せできたらと思っています。皆さんに“この3人に任せてよかった”と思っていただけるよう、頑張ります」と半信半疑だ。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.