News ニュース

「ゴゴスマ」MCの石井亮次、「桃色つるべ」で鶴瓶&ももクロ、関西テレビアナウンサーとトーク2021/06/05

 TBS系の情報番組「ゴゴスマ~GOGO!Smile!~」(月~金曜午後 1:55=CBC制作)のメインMCでフリーアナウンサーの石井亮次が、関西テレビで6月6日放送の「桃色つるべ~お次のアナウンサーどうぞSP~」(深夜1:00、関西ローカル)に出演。同局の関純子アナウンサー、岡安譲アナ、堀田篤アナ、新実彰平アナ、橋本和花子アナとトークを展開する。

 「桃色つるべ」は、笑福亭鶴瓶とももいろクローバーZがタッグを組み、個性豊かでちょっぴり濃いゲストと悩み相談からボヤキまで、何でもトークする番組。今回はアナウンサーたちのプライベート、意外なキャラ、赤裸々な悩みなど、知られざる本音満載でおくる。

 石井は元CBCのアナウンサーではあるが、大阪府東大阪市生まれで大学も同志社大学という生粋の関西人。番組冒頭「カンテレに出られてうれしい。今日はいっぱいしゃべろうと思ってきた」と全力宣言し、しゃべりのプロたちをなぎ倒す勢いで大暴れ。 アナウンサーを目指したきっかけ、フリーになった今の心境、「書類選考で落ちた」関西テレビとの関係、また、一目ぼれからナンパした妻とのなれ初めなどを明かす。

 また、今年4月に入社したばかりの新人・橋本アナが「尊敬するアナウンサーは、新実アナ。Twitterもチェックして、“いいね!”を押しています」と話すと、石井は「それはよくない!」と一刀両断。石井いわく「好きなアナ、尊敬するアナを聞かれて、身近なアナウンサーの名前を出すのはリスキー!」とアドバイスする。「横にいるほかの先輩アナたちが面白くないに決まっている!」と、さすがの気遣いや処世術を若手アナに伝授。その一方で、昨年CBCを退社する際「実は送別会が開かれなかったんです…ほんとにコロナが理由かな…」と恨み節もさく裂。石井の畳みかけるようなスピード感のあるマシンガントークに、ももクロ・百田夏菜子も「石井さんに振り回されてる…」とつぶやくほど、全員が圧倒される。

 そんな中、石井の独壇場は続き、「アドリブで一人情熱大陸」という特技を披露。ももクロが主人公を即興で演じ、石井がカメラマンとナレーションを1人でこなすという謎の展開に。そこでも、さすがのアドリブ力を発揮し、大いに盛り上がる。

 石井は「ちょっとやりすぎたでしょうか…」と後悔の表情を見せるも、鶴瓶とももクロは「面白かった! 石井アナめっちゃ楽しそうだった!」と大絶賛。鶴瓶は「フリーになったのが分かる。これからほかの番組にもどんどん出るでしょうね」と太鼓判を押した。それには石井は「鶴瓶さん、ももクロさんとご一緒できて、大阪の番組、カンテレに出られてうれしい」と感激した。

 収録を終えた石井は「めっちゃくちゃ楽しかったです。鶴瓶さんとは、3年前にラジオでご一緒させていただいて以来、ずーっと定期的に連絡もして、こうして番組でもご一緒できたんで、めちゃくちゃうれしかったです」とあらためて喜びをかみ締め、「関西弁オールフリーでめっちゃやりやすかったです。普段のテレビでは標準語なので、1回訳さなくていいというのがね」とリラックスしていた様子。

 鶴瓶やももクロとの共演に関しては「鶴瓶さんは“福の神”ですよ! ももクロさんは、明るく楽しく元気で。僕の『一人情熱大陸』もポンッとやってくれるし(笑)、ありがたいですね。鶴瓶さんとも息が合ってて。鶴瓶さんも同じような年齢や同じような立場の方以外、ももクロさんたちのような方と共演するっていうのが、栄養源にもなっているのかなと思いました。だから、僕も毎日ワイドショーをやってますけども、逆に普段とは違って今日の現場だと、刺激がすごく多い。言葉にはできないですけど、得ているものがたくさんあるような気がしますね」と明かす。 

 そして「“アナウンサーあるある”みたいな話もできましたし、とっても楽しかったです。僕自身も、カンテレアナウンサーの方も『あ、この人こんな人やったんや』と、思っていただけるような番組になったんじゃないかなと思います。それが、プラスに出るか、マイナスに出るかは受け手次第です(笑)」と見どころをアピールした。

 ももクロは、石井について「“お昼の爽やかな顔”というイメージだったんで。あんなに、楽しそうに、ご自身のことや奥さんのことをたくさんお話してくださって、私たちもすごくうれしかったです。私たちもしゃべらなきゃいけないんですけど(笑)、すごく聞き入っちゃいました。トークがすごくおもしろくて、もっと聞きたいって視聴者の気分で楽しませていただきました」(佐々木彩夏)、「もっともっと石井さんのお話聞きたいなと思いました。収録時間では足りなかったです。次お会いする機会があれば、もっとお話聞いてみたいなと思いました」(高城れに)、「聞けば聞くほど、本当の石井さんがどんな方なのか、どんどん分からなくなって(笑)。石井さんに振り回されている時間が楽しかったです。鶴瓶さんすぐ見抜いてましたけど、いろんな方への気配りとか、仕事術みたいなものを見ることができて、すごく勉強になりました」(百田)、「カンテレのアナウンサーさんと石井さんの関係性にもびっくりしましたね。意外と局が違ってもつながりがあるんだなと面白かったです」(玉井詩織)とそれぞれコメント。

 鶴瓶も「『ゴゴスマ』だと自分のこと話すことないからな。それでいくと、本当の石井亮次が、この番組で分かるんじゃないですか。新人アナ、かわいらしかった。みんなおもろかったわー」と手応えを語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.