News ニュース

櫻井翔&池上彰MC「教科書で学べない」シリーズ第5弾に広瀬すず、美 少年・浮所飛貴らがゲスト出演2021/05/26

 日本テレビ系で5月31日に放送される、櫻井翔と池上彰がMCを務める「櫻井翔✕池上彰 教科書で学べない 今そこにある危機」(午後9:00)から、収録後の出演者のコメントが到着。櫻井は「身近なことから世界的な話まで、スケールは大きいけど身近な話が詰まっています。僕よりもっともっと若い世代の人たちに届くといいなと思っています」、池上は「この番組では、毎回、スパイのディープな話を取り上げていますが、今回はスパイの犯行を突き止める調査チームを紹介します。なかなかほかの番組では取り上げないテーマなので、この番組ならではの見どころです」とそれぞれアピールしている。

 同番組は、櫻井と池上がタッグを組む「教科書で学べない」シリーズの第5弾。第1弾「戦争」、第2弾「災害」、第3弾「想定外」、第4弾「超難問」に続く、今回のテーマは「今そこにある危機」。番組では、櫻井の汗をかく“現場取材”と、池上の徹底的に分かりやすい“解説”で「今そこにある危機」と、この危機を乗り越えるためのヒントを楽しく分かりやすく伝えていく。ゲストには、森泉、広瀬すず、児嶋一哉(アンジャッシュ)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、本田望結、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)を迎える。

 「今そこにある危機①」では、犯罪や戦争にも利用されてしまうヤバすぎる最新技術を紹介。さまざまな分野で活用が広がるドローンだが、実は今、兵器としても使われ、人類の脅威にもつながるという。櫻井が最新のドローンを検証、その驚きの性能を体感する。また、AI技術で合成された精巧な映像として現在、国内外で犯罪に悪用される手口、“ディープフェイク”にも注目する。

 続いて「今そこにある危機②」では、櫻井が“ウイルスハンター”と呼ばれる男性と秘密の現場へ潜入。新型コロナウイルスとの戦いの最中にも続く、“次”の危険なウイルス調査に同行取材する。そして、新型コロナの意外な後遺症・記憶障害“ブレインフォグ”の症状を訴える30代・女性患者の日常を取材すると、想定を超えた事態がそこにはあった。

 「今そこにある危機③」では、世界中で暗躍するスパイの秘密裏に行われた犯罪行為を暴き出した、謎の集団に着目。彼らの狙いは? そして、その驚きの調査手法とは? 池上彰がその正体に迫る。

 「今そこにある危機④」では、同系で放送中の連続ドラマ「ネメシス」(日曜午後10:30)に出演中の広瀬が登場。日本テレビ系新キャンペーン「Good For the Planet ウィーク」初日に放送となるこの番組では、最近よく聞くSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)についても考える。食卓から刺身もステーキも消える日がくる? そして“未来のおすし”にスタジオは騒然となる。

 広瀬は「未来の食材でできたおすしを食べるなんて思ってなかったので、言われなかったら、本当に分からなかったですし、だまされやすいな、自分って、と思ってしまうほどでした」と戸惑いを口にし、森は「日頃、本当に危機を意識しないで、のほほんと生きてきたなという、ちょっとした反省と本当に世界は常に変わっているんだな、と。すごい勉強になった。びっくりなことばかりです」と感心しきり。

 児嶋は「未来の食べ物、めちゃめちゃ気になるものがありましたね。すごく食べたいものがありました」と期待をあおり、吉村は「楽しくいろんなことを学べました。衝撃的だったのはSDGs。日本人が大好きな食べ物が、こういう形で…すごいことになっていると感じました」と驚いた様子。

 また、本田は「『自分だけじゃ何もできないでしょ』とか、『たった1人の自分の力じゃ…』じゃなくて、その力が誰かに影響を与えるかもしれないし、たった1人の自分の力が大きく地球に影響を与えると思うので、番組を見ていただいた方が『よし、明日からこれ取り組んでみよう』っていうのが、一つでもあったらなって思うし、絶対に見つかると思います」とコメント。

 そして、浮所は「学校に行っている方や、お仕事されている方、主婦の方、現状や社会のことを豆知識として知ってもらえるので、注目して見てほしいです。新型コロナ患者と向き合う医療現場のVTRで看護師の皆さんが前向きに活動されているのを見て、あらためて感謝の気持ちを持ちました」と感想を話している。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.