News ニュース

アニメ「呪術廻戦」のキービジュアルが公開!両面宿儺役・諏訪部順一のコメントも到着2020/05/26

 10月からTBSほかの深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」(金曜深夜1:25=MBS制作)で放送される「呪術廻戦」のキービジュアルの第1弾が公開。メインキャラクターの声優を務める諏訪部順一やスタッフからコメントが到着した。

 同作は「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中で、シリーズ累計発行部数450万部を突破している芥見下々氏による大人気漫画をアニメ化。

 ある日“呪い”に襲われた仲間を救うため、特級呪物“両面宿儺の指”を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまった高校生の虎杖悠仁。呪いである“両面宿儺”と肉体を共有することとなった虎杖は、最強の呪術師である条悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入。呪いを祓うべく呪いとなった少年・虎杖の後戻りのできない、壮絶な物語を描き出す。今回公開されたキービジュアルでは、両面宿儺の領域展開「伏魔御厨子」の前に立つ虎杖と両面宿儺が描かれている。

 両面宿儺役の声を演じる諏訪部は「非常に重要な役どころなのでプレッシャーも大きいですが、特級呪物の説得力を全力で表現していこうと思います。ご視聴よろしくお願いします」と意気込みを語る。

  代表作に「牙狼〈GARO〉-VANISHING LINE-」 「THE GOD OF HIGH SCHOOL -ゴッド・オブ・ハイスクール-」などがある監督の朴性厚氏は「当時、韓国で作業をしていたため、お話をいただいたのは、Skype打ち合わせ時でした。原作を読んでいなかったので、すぐに読ませていただきましたが、これがめちゃくちゃ面白くてかなり燃えました。娘たちも原作のファンで、アニメ業界17年目にして、初めて娘たちに認めてもらえましたね」と作品に携わる喜びを語り、「漫画から感じたキャラクターたちのいぶきを、声優さんたちの演技や、生き生きと動くアニメーションで、更なる高みに昇華したいと思っています。ぜひ、『呪術廻戦』アニメーション、応援よろしくお願いします」と気合を入れている。

 また、シリーズ構成・脚本を担当する瀬古浩司氏は「お話をいただいてから原作を読んだのですが、その面白さ・カッコよさに、子どもの頃、毎週むさぼるように読んだジャンプ作品のように、ぐいぐい引きずり込まれました」と漫画の魅力にハマった様子で、「そのような作品に参加できることを光栄に思います。見どころは、キャラクターの掛け合いとバトルです。『呪術廻戦』はまずキャラクターそのものが、ほかとは一線を画す強烈な個性を持っていて、そのキャラ同士が掛け合うことによって爆発的な化学反応が起きる作品だと思っています。バトルに関しては僕自身すごく楽しみで、早く見たいです!」と期待を寄せている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.