News ニュース

レジェンド・折茂選手の苦悩に迫る。ラストシーズンにカメラが密着!2020/05/27

 HTB北海道テレビで5月30日、HTBノンフィクション「折茂 49歳の決断 -秘めた苦悩-」(午前10:40、北海道ローカル)が放送される。今シーズンで引退したレバンガ北海道の折茂武彦選手にカメラが密着。長年取材を続けてきた同局に彼が明かした“真実”とは?

 2019-20のシーズン開幕直前、レバンガ北海道の折茂選手が引退を決めた。現役最年長、“バスケットボール界のレジェンド”の決断の裏には、密着取材を続けてきた同局に明かした「真実」がある。

 限られた人にだけ伝えていた自身の病気。思うようなプレーができないことへの怒り。苦悩を心にしまい、走り抜けたラストシーズン。折茂選手が誰にも見せない心の揺れをカメラは追う。折茂武彦選手の心を動かしたものは…。

 07年、37歳で強豪・トヨタ自動車からレバンガ北海道の前身・レラカムイ北海道に移籍してきた折茂選手。40歳の時にチームの運営会社が経営破たんし、以降は自ら、選手兼代表取締役社長として経営にも携わり、チームを引っ張ってきた。19年には、日本出身選手として初のトップリーグ通算1万得点を達成。

 そんな折茂選手がプロ27年目の集大成として臨んだラストシーズン。
 「未練や後悔を押し殺してきた」──。ただ勝つことに飢えていた“孤高の天才”が、50歳の今、たどり着いた境地がある。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.