News ニュース

武田玲奈が初めての金髪で「美食探偵」に登場!地下アイドル役に挑戦2020/05/26

 中村倫也が主演する、日本テレビ系連続ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30)の第7話に、地下アイドル・ココ役で武田玲奈が出演することが分かった。

 ドラマは、人気漫画家・東村アキコ氏によるコミックを映像化するサスペンス。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、相棒の小林苺(小芝風花)と共に、類いまれなグルメに関する知識を使って殺人事件を解決していくストーリー。“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら、“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼のマグダラのマリア(小池栄子)との関係も描かれていく。

 武田が演じるココは、3人組の地下アイドルグループ・爆音エンジェルズのメンバー。ストーカー化したファンの付きまといに悩まされ、高校時代の同級生だった苺に相談したことから明智と知り合う。過度のストレスから摂食障害を患いながらも、アイドルをやめたくないココは、明智にボディガードをしてもらうことに。しかし、それを知ったマリアとネット上でつながり、メンバーに危害を加えるようになったストーカー・田畑(森永悠希)を殺す決意をするというキャラクターだ。

 第1・2話の“林檎”(志田未来)、第3話の“シェフ”(武田真治)、第4話の“れいぞう子”(仲里依紗)……殺人鬼であるマリアに背中を押されて、殺人というダークサイドに足を踏み入れた“マリア・ファミリー”の面々。ココは、4人目の“マリア・ファミリー”となる。また、爆音エンジェルズのリーダー・ひな役にはYouTuberとしても活躍する女優の小池里奈が、センターのみわ役には歌手としても活躍中の水谷果穂が扮(ふん)する。

 「原作の漫画を読み始めたら止まらなくなってしまいました!! そして、この世界に入れるのかとワクワクしながら読み進めていました!!」と興奮気味に語る武田は、ココを演じるにあたり、髪を初めて金髪にしたそうで「私の友達や先輩にアイドルの子がいてライブを見に行ったりもしていたので、イメージは湧きやすかったです! アイドルのいろいろな事情について質問攻めにしたりしてしまいました!」と気合十分。

 さらに「ライブシーンの撮影がとても楽しみです! 爆エンのみんなでダンスレッスンもしていて、自分の体力のなさを日々実感していますが最後まで走り続けます! そして皆さんが作り上げてきた作品の世界観に沿ってココを演じ切りたいと思います! 強烈すぎるメンバーの中で地下アイドルのココはどう関係していくのか! 今回はどんな事件が起きてしまうのか! そしてどんな晩餐(ばんさん)になるのか、ぜひお楽しみください」と力強いメッセージを寄せている。

 荻野哲弘プロデューサーは、武田の起用について「原作の冒頭に『天使みたいな女の子』という表現があります。私たちの『天使探し』は昨秋から始まりました。透明感があって、でも絶対に仲間と一緒に日本武道館に立つという確固たる夢を持つ心(しん)の強さがあって、小芝風花さん演じる苺の同級生で世話好き(お節介?)な苺と違って、わが道を行くキャラで……。事務所の方々から映像資料をかき集め、徹底的に拝見しました。そして、武田さんをあらためて発見したのです」と明かし、「原作の髪の色に合わせて金髪にすることを快諾してくださり、幾度にもわたるダンスレッスンでも弱音を吐かず、いざライブシーンの撮影という目前で撮影が止まってしまい、さぞ無念だったと思います。撮影が再開したら、再び、思う存分“堕天使”役を演じ切っていただきたいと切望しております」と期待を込める。

 第7話では、爆音エンジェルズのメンバーとして活動する友人・ココからストーカー被害の相談を受けた苺が、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも、明智のもとへ。ストーカー化したファン・田畑が家まで押しかけると聞き、明智はボディーガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり、明智の事務所で共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気付く。一方、ココのSNSにはマリアから意味深なDMが届く。忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとする。

 なお、第7話の放送日については、放送ができる環境が整い次第、番組公式サイトやSNSなどで発表される。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.