News ニュース

中村倫也が「美食探偵 明智五郎」主演!「ようこんな整った役を薄顔の男に持ってきたな(笑)」2020/01/21

 中村倫也が日本テレビ系で4月スタートの新日曜ドラマ「美食探偵 明智五郎」(日曜午後10:30、開始日未定)で、ゴールデン・プライム帯連続ドラマ初主演することが決定。主人公で美食家の探偵を演じる中村は「原作を読ませていただいて、ようこんな見目麗しい、整った役を薄顔の男に持ってきたな…と(笑)。出来る限りの工夫とあふれんばかりのパッションでなんとか乗り切ろうと思っています。あまり見たことのない日曜10時半のドラマになるのではないでしょうか。ちゃんとスパイスをまぶして料理するので、楽しんでください!」と張り切っている。

 本作は同局でドラマ化された「東京タラレバ娘」「偽装不倫」の原作者である東村アキコ氏によるコミックを映像化したもの。中村演じる容姿端麗だが超変わり者で美食家の探偵・明智五郎が、類まれなグルメに関する知識を使って、殺人事件を解決していくサスペンスドラマだ。明智に助手扱いされ事件に巻き込まれる移動弁当屋の小林苺や、“探偵と殺人鬼”という対立関係でありながら“ひかれ合う男女”でもある明智と殺人鬼のマリアとの関係も描かれていく。

 個性的なウェービーヘアとループタイがトレードマークで、実は一流デパート「扇屋百貨店」社長の御曹司でもある明智を演じる中村は、衣装のスーツの生地選びから参加。こだわりのスーツに袖を通し写真撮影に臨んだ中村は、「自らチャレンジして、苦労しながら楽しむということを率先してやっていければと思います。とはいえ、年齢を重ねるとともに、一人が背負うことができるモノには限りがあると分かってきました。気負い過ぎて、いっぱいいっぱいになってしまったら元も子もないので、そこは大人として周りの皆さんにうまく甘えられたらと思っています」と撮影に臨むスタンスを語り、「明智は主役ですし大事ではあるのですが、作品としては、周りのキャストの皆さんと織りなすハーモニーを大事にして、毎話、毎カット探りながら丁寧に作り上げていきたいです」とチームとしていい作品を作り上げることに意欲を燃やす。

 また、東村氏の作品については「物語の紡ぎ手としての発想力、構成力も素晴らしいですが、なにより愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターがたくさん出てきますよね。東村先生にお会いしたことはないのですが、先生自身がきっと、とても魅力的で、周りから放っておけないな…と思われている方ではないかと。だから、魅力的なキャラクターをたくさん作ることができるのかなと思っています」とその魅力を話し、「このドラマは、殺人を犯す動機や切り口が今までのミステリーと違うところが見どころですね。また、生身の人間ならではの会話のテンポを大事にしながら、ポップで楽しげなところから、急におどろおどろしい面を見せるなど、想像できない変化をしていく作品にしていけたらと思っています」と作品をアピールしている。

 なお、番組公式Twitter(@bishoku_ntv) では、番組アカウントをフォローし、情報出しツイートをリツイートした人の中から、抽選で2人に中村のサイン入りチェキが当たるプレゼントキャンペーンを実施している。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.