News ニュース

林遣都、長澤まさみの後輩役で「ドラゴン桜」に出演。意外な人物とのつながりが!?2021/04/26

 林遣都が、TBS系連続ドラマ「ドラゴン桜」(日曜午後9:00)の4月25日放送・第1話に登場し、水野直美(長澤まさみ)の龍山高校時代の後輩・坂本智之を演じることが明らかになった。

 同作は、2005年7月期に金曜ドラマ枠で放送され、社会的ブームを巻き起こした「ドラゴン桜」の続編となる新シリーズ。原作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で人気連載中の三田紀房氏による「ドラゴン桜2」で、10年ぶりに龍山高校に戻って来た元暴走族で弁護士の桜木建二(阿部寛)と、生徒たちの東大受験までの新たな物語が展開。桜木の教え子だった水野が今作では16年の時を経て、生徒たちを導く側に立つ。そして、東大クラスの生徒役として、髙橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良、細田佳央太が出演。脚本を放送作家のオークラ氏と新星・李正美氏が担当している。

 林が扮(ふん)する坂本は、IT企業を経営する代表取締役社長。桜木の行方を捜す水野に頼まれ、自社のシステムで桜木を捜索する手助けをする。また、水野とは東大での同期という間柄でもあり、定期的に集まっては水野の愚痴を聞いたり、相談に乗るなど、何かと面倒見のいい親切な青年だ。

 しかし、その一方で第1話のエンディングでは、桜木の元教え子で過去に自殺未遂をした米山圭太(佐野勇斗)と通じて何かをたくらんでいるような様子も見せた。果たして坂本と米山の思惑とは? 2人は桜木たちとどう関わってくるのか、今後の展開に期待が高まる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.