News ニュース

「TOKIOカケル」新装開店! 鈴木亮平と女性ゲスト“エンゼルちゃん”でバービー登場2021/04/07

 TOKIOのメンバーとゲストが、さまざまなオリジナルゲームを展開しながら、時に際どい駆け引きをするバラエティー番組「TOKIOカケル」(水曜午後11:00)が、本日4月7日からリニューアル。記念すべき初回には鈴木亮平をゲストに迎え、女性代表ゲスト、通称“エンゼルちゃん”の第1弾としてバービー(フォーリンラブ)が登場する。

 企画も今回の新装開店に伴い、新たなものに。TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をゲストにぶつける「生まれてはじめて聞かれました」が、ゲストを“友達”として迎え、TOKIOとエンゼルちゃんが友達だからこそ聞ける質問をする「友達ってことで聞いていいですか?」へ。ゲストのパーソナルな一面により迫っていく企画となる。TOKIOが豪華ゲスト、個性豊かな“エンゼルちゃん”と共にどのようなトークを展開するのか、注目だ。

 まず、城島茂が「校歌、覚えてる?」と質問。鈴木の母校の校歌を、初公開となる学生時代の写真とともに聞いていく。いざVTRが流れると、高校時代の鈴木の姿に「バスケ部だったんだ!」「かっこいいね! モテそう!」と一同興奮。しかし、卒業アルバムに書かれた謎のメッセージが登場すると、「思春期丸出し!」「聞きたいこといっぱいあるな」と思わぬ展開へ。その雰囲気に、鈴木は「校歌が頭に入ってこない…」と苦笑。矢継ぎ早に繰り広げられる質問に、鈴木は「この番組、嫌だ! 遠慮がない!」と追い込まれてしまう。

 また、海外留学経験があり世界遺産検定1級の資格を持つ鈴木に、バービーが「どこの国の男がオススメ?」と聞く。そこから、バービーが自身の奔放すぎる異国での恋愛エピソードを語り、TOKIOと鈴木を驚かせる。国分太一は「放送できないかもしれないけれど…」と際どい質問を投げかけ、スタジオに衝撃が走る。バービーに圧倒された様子の鈴木だったが、「友達なので、はっきり言います!」と息巻く、本気のアドバイスとは?

 さらに、鈴木がアシスタントのバービーと共に進行するクイズ企画「鈴木亮平のQuizシロナガスクジラ」も実施。出題するのは、鈴木が好きなシロナガスクジラに特化したマニアックなクイズだ。かわいらしいクジラの着ぐるみを着ながら、フォーリンラブのネタをもとにしたアレンジネタを披露するなど、ノリノリで進行するも、クイズ企画のMCに初挑戦となる鈴木は、時々戸惑いものぞかせる。TOKIOらの励ましに鈴木は「皆さんに笑っていただくのがこんなにうれしいなんて…」と新たな一面を開花させる。

 収録を終え、バービーは「収録前はドキドキしていましたが、TOKIOさんや鈴木さんが温かく受け入れてくださいました。大人の男の懐の深さに甘えさせていただき、収録後半にはすっかり楽しんでいました。皆さんにとってエンゼルのような癒やしの存在になれれば、スナックのママ的な何を話しても受け止めるわよ!という気持ちで臨みました。衣装にもその思いを込めました。新装開店なのでゴージャスに、と打ち合わせで聞いていたのですが、意外と皆さんシックカジュアルにキメていらして、結果的に一番目立っていたかもしれませんが(笑)」と振り返る。

 TOKIOとの共演に関しては「すごくいい意味で、イメージ通りです。カメラが回っている時でもスタンバイしている時でも、いつでも優しく話しかけてくださって、長年愛される人たちの人間力というものを感じました。今日はがっつりお話させていただいて、さらに近所のお兄ちゃんのような身近な存在に感じられました」と人柄に触れ、「TOKIOさんの新しいところも、今まで通りなところも見られると思います。MCを鈴木さんがやって、ゲスト側にTOKIOさんがいるという珍しい状況も楽しみにしていただきたいです。私の立場から見ても、鈴木さん、よくここまで体はってくれるな!と驚いてしまいました(笑)。ぜひご覧ください!」と見どころをアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.