News ニュース

時は今、明智光秀が走る!!「麒麟がくる」後半の見どころ&キャストインタビュー収録のガイドブックが発売!2020/05/21

「NHK大河ドラマ『麒麟がくる』完全ガイドブック PART2」が5月21日に発売された。

 戦国武将・明智光秀(長谷川博己)の人生を描いたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」。本書では、明智城が落城し美濃を逃れた光秀一家が、越前へ向かう場面からの物語を紹介する。

 越前での光秀は牢人暮らしで、子どもたちに読み書きや論語を教えて生計の一助とし、越前を治める朝倉家にもその名が知られるように。そして、当主の朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)に認められた光秀は、京の都の状況を義景に伝えたり、13代将軍・足利義輝(向井理)と再会し、さらには義輝の弟・覚慶(のちの義昭/滝藤賢一)との出会いで義昭が次期将軍となることに尽力。織田信長(染谷将太)と共に義昭の上洛に随行する。

 本書ではドラマの中盤の見どころをお伝えするとともに、織田信長の重臣となり、坂本城城主になった光秀が、なぜ「本能寺の変」で信長を討ったのか? 史実をもとに光秀の後半生を本書独自の視点で追っていく。新たな関係が分かる登場人物詳細相関図、主演の長谷川ほか、染谷、門脇麦ら出演者インタビュー、ストーリーダイジェストに加え、時代ガイド特集、ゆかりの史跡ガイドなど、ドラマをさまざまな角度から楽しめる情報が掲載されている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.