News ニュース

浅香航大と小田井涼平が明かす、「リカ~リバース~」主演・高岡早紀の魅力2021/03/19

 フジテレビ系では3月20日に連続ドラマ「リカ~リバース~」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)がスタート。出演する浅香航大と純烈の小田井涼平が、撮影エピソードや主演・高岡早紀の印象などを語った。

 五十嵐貴久氏の人気サイコスリラー小説「リカ」シリーズから、リカの少女時代を描いた「リバース」を連ドラ化。主人公・雨宮リカを高岡が熱演し、2019年10月クールに同局で放送された連続ドラマ「リカ」は、大いに話題となった。本作は、家族の愛に飢え、孤独の深淵で純愛を渇望する“純愛モンスター”リカの誕生の物語であり、前作のエピソードゼロとして展開される第2弾。高岡がリカの母・雨宮麗美に扮(ふん)し、娘たちの運命を狂わせていく。

 雨宮家の双子の娘である結花(山口まゆ)と梨花(田辺桃子)の家庭教師・宗像忍を演じる浅香は「前作のイメージから、高岡早紀さんがリカの母・麗美を演じられているさまが想像できたので、笑いが止まりませんでした。そして、『なるほど』と。前作を見返してみたくなりました」と台本を読んだ時の感想を明かし、高岡との共演には「過去にも共演したことがありましたが、今回ほど絡みがあるのは初めてで、本当に奇麗で妖艶で、吸い込まれそうな魅力を感じました」と称賛。

 そして、「現場は前作から引き継いだムードでとても和気あいあいとしていました。麗美の奇想天外な一挙一動に笑いをこらえるのに必死でした」と撮影の様子を報告。「振り切ったホラーコメディを笑って楽しんでもらえたらうれしいです。僕自身も現場でこらえた分、オンエアを見て遠慮なく笑いたいと思っています」とメッセージを寄せた。

 一方、外科医でクリニックを経営する麗美の夫・雨宮武士役を務める小田井は「高岡さんは美しい人だなと思いましたし、生で見てもそうですが、モニター越しの目力がハンパないです! それがドラマの中でも強烈なインパクトを残していると思います」と女優魂に感激。「娘たちの英会話の先生、千尋(阿部純子)に英会話を教わっているシーンの撮影は楽しかったですね。武士と麗美、武士と娘たち、武士と千尋、武士と雨宮家の新米家政婦・幸子(福田麻由子)、あの場にいた女性たちとの関係性がギュッと凝縮されているような空間で、『ずいぶん楽しそうね』と言いながら部屋に入ってくる麗美の言葉がどんなハンマーよりも重かったです(笑)」と撮影での印象的なエピソードを披露。

 さらに、久しぶりの連ドラ出演には「この作品を通して今後も少しずつ役者としての活動の場が広がることを願いつつ、また日々の仕事を頑張りたいと思います。自分がクランクアップした後も撮影は続いていたので、魅力的なシーンになっているのか、オンエアが楽しみです」と期待を寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.