News ニュース

「福岡恋愛白書16」松井愛莉×飯島寛騎×古川雄輝のトライアングルラブ! シリーズ初のTVer配信も決定2021/03/21

 KBC九州朝日放送では3月26日に、ドラマ「福岡恋愛白書16 クリスマス狂想曲」(深夜0:15)を放送する。福岡の視聴者が実際に体験した恋のエピソードを基に単発ドラマ化するシリーズで、同局が2006年から毎年制作。最新作は“クリスマスに舞い降りた、二つの恋”をテーマに物語をつづる。

 第16作の主演を務めるのは、松井愛莉。ドラマ「社内マリッジハニー」(TBSほか=MBS制作)、「この男は人生最大の過ちです」(テレビ朝日ほか=ABCテレビ制作)といったラブコメディーや、映画「癒しのこころみ~自分を好きになる方法」(20年)で初の主演に抜てきされるなど活躍目覚ましい若手女優だ。松井の相手役となる1人目は、「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で主演を務めた飯島寛騎。もう1人は、ドラマ「僕だけがいない街」(Netflix)など数多くの作品に出演し、海外でも絶大な人気を誇る古川雄輝だ。

 監督は映画「人狼ゲーム」シリーズなど手がけた綾部真弥氏、脚本は「恋がヘタでも生きてます」(日本テレビ系=読売テレビ制作)などに携わった松本美弥子氏が手掛ける。また、作品を盛り上げる音楽を担当するのは、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)や映画「映画刀剣乱舞」(19年)などの遠藤浩二氏。

あらすじ

 美容師の遙香(松井)は5年間恋人がいない25歳。クリスマス迫る12月のある日、友人の七海(金澤美穂)から誘われたワインパーティーに参加するが、場になじめず気疲れしてしまう。そんな時に優しく声をかけてきたのが、文具メーカーで働く俊一(古川)。彼の落ち着いた振る舞いや笑顔に癒やされた遙香は、思い切って連絡先を交換する。

 その数分後、同僚の梨紗(中村里帆)からの呼び出しが。その場所は、以前勤めていた美容室の後輩・航(飯島)の家だった。仕事に悩む彼を励ましていた遙香は、いきなり航から告白される。

 5年間恋愛から遠ざかっていたところへ突然、しかも同時に訪れた二つの恋。「どっちも好きで、どっちも選べん。神様、私はどうしたらいいと!?」。揺れ動く遙香の心をよそに、決断のクリスマスイブが迫る。彼女が最後に選ぶのは…?

 3人の男女が織り成すトライアングル・ラブストーリー。波乱の展開や“胸キュン”シーンはもちろんだが、松井、飯島、古川ら俳優陣の博多弁にも注目してほしい。

 さらに、昨年好評だった“Twitter同時配信企画”を今年も行う。テレビ放送と同時に松井、飯島、古川のトークをTwitter公式アカウント(https://twitter.com/fukuoka_renai)で生配信。3人もドラマをリアルタイムで視聴し、ツイートに即反応したり、質問にも答えたりと、ファンにとってはうれしい一夜限りの特別企画となりそうだ。

 なお、KBC九州朝日放送以外に、NCC長崎文化放送でも同時放送。放送エリア外の地域在住の視聴者の要望に応えるため、今作は放送終了後TVerでも配信予定。同シリーズのTVerでの配信は初となる。

出演者コメント

■松井愛莉
「2人の男性に同時にひかれてしまう役どころでした。航と俊一は、タイプは違うけどどちらもいい人で、演じていてとても苦しくなりました。見てくださる方が遙香のことを嫌いになってしまわないよう、遙香の真剣に悩む姿を、監督と話し合って丁寧に演じることを心がけました! 福岡のお話ということで博多弁にも挑戦しています! 皆さんにも遙香がどちらを選ぶのかドキドキしながら見てもらえたらうれしいです」

■飯島寛騎
「このたび、歴史ある作品に参加できたことを光栄に思います。今回は三角関係、トライアングルラブでした。プロデューサーより『“ドリカム現象”を作りたい』、そんなむずがゆいような、対照的なキャラクター像を意識してお芝居しました。今時の若者らしく、かつ一緒にいて幸せな空間をお届けできれば幸いに思います。クリスマスのイルミネーション。冷え切った空気の中にぽっと優しく温まるような、そんなトライアングルラブでぜひほっこりしてください」

■古川雄輝
「福岡恋愛白書は知り合いの役者さんや監督さんが携わっているシリーズなので、僕も参加できたことをとてもうれしく思っております。少し積極的な大人の男性であり、でも恋愛に関してはどこか女性の気持ちを理解しきれていない男性…そんなイメージで演じてみました。福岡は初めて訪れましたが、撮影しながら観光することができ、とてもすてきな場所だと思いました。3人の恋愛模様を楽しんで見ていただけるとうれしいです」

【プロフィール】

松井愛莉(まつい あいり)
1996年12月26日生まれ。福島県出身。O型。身長170cm。2009年ファッション雑誌「ニコラ」のモデルオーディションでグランプリを受賞し、同誌専属モデルとしてデビュー。その後女優として多くの作品に出演。現在、「沼にハマってきいてみた」(NHK Eテレ)のメインMCとして出演中。21年4月9日全国公開の映画「砕け散るところを見せてあげる」にも出演している。

飯島寛騎(いいじま ひろき)
1996年8月16日生まれ。北海道出身。B型。身長178cm。2015年「第28回ジュノンスーパーボーイコンテスト」グランプリを受賞し、16年「仮面ライダーエグゼイド」(テレビ朝日系)で主演デビュー。男性エンターテインメント集団「男劇団 青山表参道Ⅹ」のメンバー。2月11日全国公開された映画「ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~」に出演。

古川雄輝(ふるかわ ゆうき)
1987年12月18日生まれ。東京都出身。A型。身長180cm。7歳でカナダ・トロントへ。中学卒業と共に単身でアメリカ・ニューヨークへ渡る。2009年ミスター慶應コンテストでグランプリに選ばれたことがきっかけでデビュー。中国をはじめ海外で多くの賞を受賞している。3月スタートのドラマ特区「RISKY~復讐は罪の味~」(MBSほか)、3月30日放送のドラマスペシャル「シグナル 長期未解決事件捜査班」(フジテレビ系=関西テレビ制作)への出演が決定している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.