News ニュース

「99.9」クランアップに松本潤が「チャレンジングかつ刺激的な体験になった」2018/03/16

「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」

 TBS系連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(日曜午後9:00)がクランクアップし、主人公の深山大翔役を演じた松本潤が、「(2017年の)8月中旬から実質5カ月の撮影、本当にお疲れさまでした。シーズン1の時から変わらないスタッフでやれたことが、今回支えにもなりましたし、この皆さんと作りきることができ、貴重な体験ができました」と喜びと感謝の気持ちを明かした。

 本作は、起訴されると有罪率が99.9%とされる刑事事件を専門に担当する弁護士の深山が、残された0.1%の無罪の可能性にこだわって真実を追求する物語で、3月18日に最終回が放送される。

 昨夏から秋まで撮影され、年明け後に撮影が再開される長丁場となった今作では、正月明けに役者陣だけが休日返上で本読みの自主練習を行うなど、松本を中心にチームワークの良さも光った。松本は「今回から加わっていただいた木村文乃さん、馬場園梓さんが新しい風を吹かせてくださり、その中で一緒に作れたことがチャレンジングかつ刺激的な体験になりました」と、新たなメンバーの力も支えになったことをアピール。

 前作から引き続き、深山とチームを組む弁護士の佐田篤弘役を演じた香川照之は、「キャストの皆さまも本当に知恵と体力を振り絞って、毎日を精いっぱいやり抜けてきました。厳しい撮影をすべて笑顔で乗り切ったスタッフは、『99.9』の誇りです。シーズン1の時も思いましたが、また近い将来、このメンバーでお会いできたらと思います。本当に離れがたい現場でした」と感無量の様子。

 また、弁護士の尾崎舞子役の木村も、「うれしいことも、楽しいことも、悔しいこともたくさんありましたが、シーズン2から仲間入りさせていただいて、最後まで5カ月間、皆さんと色々な感情を共有できたことが宝物です」と撮了の喜びを分かち合っていた。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.