News ニュース

松坂慶子&鈴木京香、美しき女優が明かす! 三谷幸喜作品と野村萬斎の魅力2021/02/27

 フジテレビ系では3月6日に、スペシャルドラマ「死との約束」(午後9:00)が放送。本作で描かれる事件の被害者で、数年前に夫を亡くして以来、未亡人として一家を束ねて家族を思いのままに支配しようとするが、旅先の熊野で遺体で発見される本堂夫人を演じる松坂慶子、そして、主人公の名探偵・勝呂武尊(野村萬斎)と旅先で偶然出会うが、実は旧知の仲で、2人のラブロマンスの行方も見どころとなる上杉穂波に扮(ふん)する鈴木京香が、作品への思いを語った。

 本作は、主演・野村萬斎×原作・アガサ・クリスティー×脚本・三谷幸喜の夢のコラボレーション待望のシリーズ第3弾。“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道を舞台に、時代設定を昭和30年に置き換え、勝呂の活躍を描く。

 三谷作品初出演の松坂は「アガサ・クリスティーの作品は大好きで、本も読んでおりましたし、映像化された作品も楽しみに見ていたのでとてもうれしかったです。そして、三谷さんは憧れの方でしたので、今回初めてご一緒できてとてもうれしいです。“やったー!”という感じ」と喜色満面。また、台本を読んで「昭和30年という時代の中で繰り広げられるお話がとても面白かったですし、本堂夫人が、とてもマイペースで、みんなが『あー、あの人がいなければ幸せなんだけれどな。早く死んでくれないかなあ』ってそういう大変な母ではあるのですが、台本を読んでいるとなんだか、スカッとするんですよね。こんなふうに遠慮なく思っていることをずけずけと言ったら、さぞ気持ちがいいだろうなあと。そして三谷さんの脚本では、“ひどい人なんだけれど笑っちゃう”そこがすてきで面白いですよね」とその手腕を絶賛。

 野村との共演には「ジェントルマンな方ですね。やはり狂言の世界の方なので、体幹がしっかりされていて、姿勢が頭の先からつま先まですっと真っすぐで、素晴らしいな思いました。萬斎さんが現場にいらっしゃると現場の空気がしまりました」と座長のたたずまいを称えた。

 一方、三谷作品にはおなじみの存在ながら、本シリーズには初参加となる鈴木は「『オリエント急行殺人事件』も『黒井戸殺し』も見ていましたからすごくうれしかったです。しかも、名探偵・勝呂のかつての知り合いだった女性という役。台本が待ち遠しかったです」と待ちわびていた様子。今回の役を演じるにあたっては「三谷さんの作品では、前に演じさせていただいた役と同じイメージにはしたくない、といつも頭に置いているので、しっかりと役を作って臨みたいと思いました。加えて今回は、“勝呂との関係性をどう見せるか”というのが一番難しいところだと思いました。見てくださった方がミステリー、サスペンスとしてきちんと引き込まれるように勝呂と向き合いたかったので、そこがやりがいのあるところでもあり、サスペンスの醍醐味(だいごみ)だと感じました」とフレッシュな気持ちで挑んだことを明かす。

 野村との共演には「萬斎さんは、さすが動きが奇麗で、セリフ回しにも品格がある、とてもチャーミングな方。私が突き飛ばすシーンでも、面白い落ち方をしようと工夫してくださるんです。三谷さんが、“ポワロに並ぶ日本の名探偵を作りたい”と、勝呂を萬斎さんに、とおっしゃるのが分かるような気がします。ご一緒させていただいてとても楽しかったです」と喜んでいる。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.