News ニュース

松坂慶子、山本耕史、市原隼人、堀田真由ら三谷幸喜脚本「死との約束」出演2021/01/28

 フジテレビ系で3月6日に放送されることが決まった、三谷幸喜が野村萬斎主演でアガサ・クリスティーの原作に挑むシリーズ第3弾「死との約束」(午後9:00)で、事件の根幹に関わる重要なキャスト、本堂家の一同が発表された。

 同作は1938年にアガサ・クリスティーが発表した長編小説をベースに、時代設定を昭和30年に置き換えてドラマ化。“巡礼の道”として世界遺産にも登録されている熊野古道を舞台に、名探偵・勝呂武尊(野村)が難事件解決に奮闘する。

 勝呂にとっての“運命の女”となる婦人代議士・上杉穂波を鈴木京香、本堂家の人々に対し人並み以上の関心を持ち、勝呂の事件捜査にも積極的に協力する医師・沙羅絹子を比嘉愛未、本堂家と行動を共にするどこかうさんくさい税理士・十文字幸太を坪倉由幸が演じる。

 そして、事件の被害者と事件の根幹に関わる“本堂家の人々”に、未亡人として一家を束ねる本堂夫人を三谷作品には初参加となる松坂慶子、本堂家の長男・本堂礼一郎を山本耕史、その妻・本堂凪子をシルビア・グラブ、次男の本堂主水を市原隼人、長女の本堂鏡子を堀田真由が演じる。次女・本堂絢奈役には、オーディションを勝ち抜いて選ばれた原菜乃華が扮(ふん)する。

 松坂は「アガサ・クリスティーの作品は大好きですし、三谷さんは憧れの方でしたので、お話をいただいた時はとてもうれしくて、“やったー!”という感じでした。本堂夫人は、家族にひどいことを言う人ではあるんですけれど、一方でクスッと笑えちゃう一面もあって。そこが三谷さんの脚本が面白くて、すてきなところだと思います」とアピール。

 山本は「このドラマは、面白いボタンの掛け違いがあって、三谷さんがすごく得意とする分野の脚本。僕たちも撮影していても、時々“ん?”と考えながら演じたくらいです。視聴者の方には、その空気感や緊張感を楽しんでいただきたいです。ずっと見入ってしまうことのできるような作品に出来上がっていると思います」と見どころを明かす。

 また、三谷作品への初参加を喜ぶ市原は「三谷さんの脚本は、普段人に見せたくないような感情や繊細な部分がセリフとして書かれているのですが、とても自然で読んでいくうちに、すぐにその世界観に入り込むことができました」と印象を述べ、堀田は「鏡子は家族思いでみんなのことを見ているのですが、笑顔でいながらも怖いセリフを言うような人。実ははじめに台本を読んだ時、私は犯人が全く分からなくて、まんまと最後までだまされました。皆さんも楽しんでいただけたらうれしいです」と話している。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.