News ニュース

マヂカルラブリー、ニューヨーク、おいでやすこがが「ENGEIグランドスラム」に初参戦!2021/02/09

 フジテレビ系では2月20日に、土曜プレミアム「ENGEIグランドスラム」(午後7:00)を放送。“日本一豪華なネタ番組”をコンセプトに、漫才、コント、ピン芸など、ジャンルの垣根を越えて国民の誰もが「面白い」と認める芸人たちがネタを披露する同番組に、今回出演する21組が決定した。

 ネタを披露する“本ネタ”出演者の第1弾として発表されたのは、EXIT、おいでやすこが、かまいたち、霜降り明星、ジャルジャル、ジャングルポケット、チョコレートプラネット、東京03、ナイツ、ニューヨーク、NON STYLE、バイきんぐ、バカリズム、ハナコ、ハライチ、フットボールアワー、マヂカルラブリー、ミルクボーイ、ロッチ、ロバート、和牛。

 お笑い界の第一線で活躍し続ける芸人たちに、飛ぶ鳥を落とす勢いの第7世代、さらに「M-1グランプリ2020」王者のマヂカルラブリーがコンビとしては初登場。「キングオブコント2020」で準優勝するなど人気上昇中のニューヨークは、これまで同番組への出演を懸けた予選番組「ENGEIトライアウト」で鮮烈な笑いを巻き起こしながらも惜しくも出演がかなわなかったが、ついに初参戦となる。また、「M-1グランプリ」史上初のユニットコンビとして、昨年準優勝を遂げたおいでやすこがも出演する。

 MCはおなじみのナインティナインのと松岡茉優のゴールデントリオが務め、大いに番組を盛り上げる。なお、追加出演者も後日続々と発表。そして、“本ネタ”だけでなく、今回の「ENGEIグランドスラム」だけのスペシャル企画も放送予定だ。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.