News ニュース

吉岡里帆、鈴木亮平主演「レンアイ漫画家」で“ダメ男ホイホイ”の崖っぷち女子に2021/02/09

 吉岡里帆が、鈴木亮平が主演を務め、4月にスタートするフジテレビ系連続ドラマ「レンアイ漫画家」(木曜午後10:00、開始日未定)に出演することが分かった。“ダメ男ホイホイ”と呼ばれる、男運の悪い崖っぷち女子を演じる吉岡は「原作を読ませていただいた時から本当に面白くて、心がほっこりとする作品です。そして、キュンとしたりワクワクしたり、楽しみな要素がたくさん詰まった作品です! 肩肘張らずに楽しく見られる作品なので、皆さんにほっこりとご覧いただければうれしいです!」とアピールしている。

 本作は、山崎紗也夏氏による同名コミックが原作。鈴木扮(ふん)する漫画家・刈部清一郎とアラサー女子・久遠あいこが織り成す、王道のハートフルラブコメディー。吉岡が演じるあいこは、夢なし、彼なし、お金なし。気立てがよくてお人よし、裏表のない性格で人を疑うことを知らずに騙されてしまうことも多いという役どころだ。いつか運命の“人生の相方”が現れることを夢見ているが、現実はとても男運が悪い。そんななか、葬儀店で働いていたあいこは、初恋の人の葬儀で、その兄で漫画家の清一郎と衝撃的な出会いを果たす。

 清一郎は出会い頭に、あいこに対して「俺のために恋愛しろ!」ととんでもないことを依頼。それとは漫画のネタのために疑似恋愛のミッションだった。葬儀店の仕事をクビになったあいこは、お金のために“恋愛ミッション”という名のリアル体験取材をスタート。清一郎のムチャぶりの指令の下、疑似恋愛相手と淡い恋に発展したり、発展しなかったりを繰り返すことに。事あるごとに清一郎とぶつかり合う日々を送ることになる。

 吉岡は「“ド直球ラブコメ”作品への出演経験がほとんどないので、すごく新鮮に思いました。また、今は明るいエンターテインメントが必要とされているんじゃないかなと、私自身も感じてたので、ポップな笑いやドタバタもあり、さらに愛情いっぱいの作品に出演させていただけることに、本当にうれしく思いました」と喜色満面。

 鈴木とは初共演だが「お会いする前からストイックな方だと伺っていました。現場でも“ラブコメといっても、どこで人はキュンとするのか?”とかを、一緒に話し合いながらシーンを重ねていけるのが本当に楽しいです。キュンも2人でストイックに考えています! 本編の清一郎とあいこにも通じる感じですね」と明かし、既にいい関係を築いている様子。

 演じるあいこに関しては「適度に生活に疲れていて、キャピキャピすることも卒業して、恋愛も少し諦めてしまっている女性です。でも、清一郎に出会うことによって、“もう少し頑張ってみよう!”というエネルギーに再び火が付くんです!」と紹介

 そして、「私たち出演者もスタッフの方々も、全員がご覧くださる皆さんに楽しんでいただきたいという一心で挑んでいます。作品に込められた明るいメッセージやエネルギーを伝えたいという願いであふれているので、現場は明るく温かいです。それぞれに個性もバラバラな人たちがそろっていますが、そんな皆さんが一つになった時に、面白いシーンが生まれるので、その楽しい化学反応をお届けできたらうれしいです!」と撮影現場の雰囲気を伝えるとともに、メッセージを寄せている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.