News ニュース

原田泰造主演「サ道」がバレンタインに復活! 久々の再会に“少し離れて”ととのう2021/01/25

 原田泰造が主演を務め、テレビ東京ほかで2019年に連続テレビドラマとドラマスペシャルが放送されたドラマ「サ道」。2月14日に「サ道 ~2021年冬 東京の空の下、少し離れてととのう~」(午後4:00)と題して、新たにスペシャル版が放送される。

 同ドラマは、全国のサウナ好き(通称・サウナー)にとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキ氏原作の「マンガ サ道」(講談社モーニングKC)が原作の“サウナ好きによるサウナ好きのためのドラマ”。

 原田演じるフリーランスのクリエーター・ナカタアツロウ、三宅弘城演じる「偶然、偶然!」が口癖の営業マン・偶然さん、磯村勇斗演じるサウナで蒸されている姿がイケメンだったため「イケメン蒸し男」というあだ名を付けられた経営コンサルタントの青年の3人が、全国各地のサウナを訪れ、サウナ道=サ道にまい進していく。

 ドラマスペシャルの放送から1年あまりが経った現在、新型コロナ感染拡大の影響を受け人々の暮らしが一変したことで、サウナライフも様変わり。今作ではサウナ大好きな仲良し3人組が、今まで当たり前だったサウナのある日常の大切さを実感しつつも、新たなサウナの楽しみ方を前向きに模索する様子が描かれていく。

 ドラマスペシャルの決定に原田は、「また『サ道』やらないんですか?とたくさんの方に声をかけていただきました! ありがとうございます! サ道SPやります! 単行本は最新4巻が出たばかりです! みんなで、ととのいましょう!」と力を込めてアピール。

 三宅は「いやぁ偶然偶然、そろそろかなぁなんて思ってたところです。うれしくてたまりません。比喩でなく、本当に飛んで喜びました。『サ道』ファンの皆さまも同じ気持ちではないでしょうか。大変な世の中ではありますが、相変わらずのゆるい3人組で、サウナの素晴らしさをさらに伝えられたらいいなと思います」、磯村も「『サ道』スペシャル 待っていました。またナカちゃんさんと、偶然さんに会えることがうれしいです。そして『サ道』を通してさらに多くの方にサウナの魅力を知っていただけたらと思います。皆さんでととのいましょう。『サ道』SP 楽しみに待っていてください」とそれぞれ喜びを伝えている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.