News ニュース

松村北斗は「ライアー×ライアー」共演の同期・七五三掛龍也から見てもミステリアス!?2021/01/25

 2月19日公開の映画「ライアー×ライアー」の完成披露試写会が行われ、ダブル主演を務める松村北斗(SixTONES)、森七菜をはじめ、小関裕太、堀田真由、七五三掛龍也(Travis Japan/ジャニーズJr.)、耶雲哉治監督が登壇した。

 松村は出演のオファーを受けた時、「ラブコメと伺ったので、“壁ドンしたり、ドSなセリフを吐いたりするのかな”と思って、正直、“僕にはできないな”と思って身構えていた」とのこと。しかし、「脚本を読んだら、キャラクターとして素直な反応をすることによって、キュンキュンする状況になってときめかせられるものなのだと分かって安心したというか、“これならできるかな”と思った。“私生活でも、僕が素直に反応した瞬間に誰かをときめかせているんじゃないか”と、松村北斗に希望を覚えました」と語った。司会からその手応えについて聞かれると、「今のところないですけど、これからの松村に期待って感じですかね」と謙虚な様子を見せた。

 一方、共演した森は、松村に対し「事前にいろいろ調べたけど、どんな人か分からなかった。でも、お芝居をしているとより分からなくなった」と言う。松村が“ツンデレ”の“デレ”の方を演じる際に、“両手を振ってバイバイ”をするキュンなしぐさを見せたことに「“こんなことができちゃうんだ”と、よりミステリアスになった」と彼の印象を語った。これについて、MCが事務所の同期である七五三掛に確認すると「俺から見てもミステリアスです」と。松村が意外そうに「十何年一緒にいて?」と尋ねると、七五三掛が「十何年いて…」と重ね、アイコンタクトでほほ笑む2人の間には、仲のいい温かな空気が漂っていた。

 作品にちなんだ「オモテの顔」と「ウラの顔」のエピソードトークでは、松村が自身について「実は1人でラジオを聞いて相槌を打って満足しているような人」と言うと、「へえ~」と七五三掛が驚いている様子。そんな七五三掛は「『優しそう』って言われるんですけど、実は“怒ったら怖いのかな”って思います。仕事で嫌なことがあると、家に帰ってクッションをぶんぶん振り回します」と自身の“裏の顔”を明かすと、その様子を見た松村が「(でも)優しそう」とニッコリ。さらに、「ギャップがあると思います」と続ける七五三掛だったが、松村は「(やっぱり)優しそう」と返した。撮影では松村と森、七五三掛の3人のシーンも多く、撮影の合間には「しめ(七五三掛)はダンスがものすごくうまいから、踊ってほしくて…」と、松村が森を交えて3人でダンスバトルを開催したことなど、撮影エピソードも語られた。最後のフォトセッションでは、松村が目線の方向をキャストらに示す一幕も。撮影で築いたチームワークや撮影中の和やかな雰囲気が伝わってくるイベントだった。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.