News ニュース

竹野内豊と石田ゆり子が東野圭吾原作「さまよう刃」で15年ぶりに共演2021/01/20

 WOWOWプライムでは5月に「連続ドラマW 東野圭吾 さまよう刃」(日時未定。WOWOWオンデマンドで配信予定)がスタート。竹野内豊と石田ゆり子が約15年ぶりに共演する。

 本作は、東野圭吾による同名小説のドラマ化。娘を残虐な手段で殺害されてしまった主人公・⾧峰重樹が、良心と罪の意識、法律の壁の間でもがき苦しみながらも復讐(ふくしゅう)に突き進んでいくさまを描く。竹野内は、寺尾聰主演で2009年に公開された映画版で若き刑事役を演じたが、今回は法を犯して追われる父親を演じる。また、韓国映画界の鬼才、ポン・ジュノ監督の下で助監督を務め、長編映画デビュー作「岬の兄妹」が高く評価された片山慎三氏が全6話の監督を務める。

 社会や法律、すべてを敵に回してでも家族のために復讐を果たす…。⾧峰は妻を亡くした後、男手一つで一人娘・絵摩を高校生になるまで育ててきた。時折、けんかこそすれ、父娘は互いに支え合いながらつつましく生きてきたが、ある夜、絵摩がバイト先から戻らず、やがて凄惨(せいさん)な遺体で発見された。数日後、悲しみに暮れる⾧峰のもとに、犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってくる。ためらった末、教えられたアパートへ向かい部屋を物色すると、そこには絵摩があまりにもむごい手段で殺されていくさまを捉えた映像が残されていた。帰宅した犯人の1人・アツヤを思わず殺害してしまった⾧峰は、主犯のカイジを追う。カイジやアツヤは、現行法上はまだ死刑は適用されない少年。父の行動は、是か非か。世論を二分する⾧峰の逃亡復讐劇が始まる――。

 竹野内は「誰かの親になったこともない自分に、娘を失う父親役がどこまで務まるのか、正直戸惑いました。去年、真夏の猛暑の中、限られた時間、ロケ地などなかなか思うように事が進まない条件で、片山監督にすべてを委ねて、スタッフ・キャストが一丸となって試行錯誤しながら丁寧に作り上げた作品です。1人でも多くの方々に届きますように!」と胸を張り、メッセージを寄せた。

 そんな竹野内扮(ふん)する長峰が、逃亡先で滞在するペンションで手伝いをしている木島和佳子を石田が演じる。偽名を使ってペンションに宿泊する⾧峰のことを警察に追われている男だと知るも、ただひたすらに家族を思う彼の姿に心を揺さぶられ、思わず手を差し伸べてしまうという役どころだ。 

 石田も「竹野内さんと久しぶりに共演できることが楽しみでなりませんでした。考えてみれば15年ぶりだそうで、時の流れの速さに自分でもびっくりです。撮影は片山監督の率いる素晴らしいスタッフの下で丁寧に丁寧に進みました。倒れそうなほどの暑さの中走ったり泣いたり叫んだり、芝居をしてるというより役を生きるということの意味を考えさせられました。片山監督の的確でダイナミックで細やかな演出は、役者としてそこにいられることが幸せだなと思えるものでした」と振り返り、「竹野内さんも日に日に⾧峰さんそのもののようになっていき、役に入ってる時は、話しかけるのもはばかられるほどでした。素晴らしい作品になっていることは間違いないと思います」と手応えを明かしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.