News ニュース

谷原章介が「めざまし8」で自身初のニュース情報番組メーンキャスターに2021/01/19

 谷原章介が、フジテレビ系で3月29日にスタートする「めざまし8(エイト)」(月~金曜午前8:00)で自身初のニュース情報番組のメーンキャスターを務める。

 「めざましテレビ」(月~金曜午前5:25)で5年間メーンキャスターを務めた永島優美アナウンサーと共に、新たな朝の顔になる。番組では、その日最も関心が高く、知るべきニュースを大きく取り上げる。VTRでは「めざまし8」ならではの視点で疑問や問題点を浮かび上がらせ、スタジオでは視聴者の疑問を谷原キャスターが専門家に“分かるまで”聞いて疑問を解消。気象予報では、新たに防災士の免許を取得した天達武史気象予報士との共同取材も敢行する。

 谷原は「このたび小倉智昭さんの『とくダネ!』の後の番組を担当するにあたり、責任の重さに身が引き締まっております。僕自身、情報番組、クイズ、スポーツ、音楽、料理、生放送を含めたくさんの司会をさせていただいてきましたが、“ニュース”の切り口は初めてです。初めての世界であらためて勉強しなければならないことがたくさんあるなと思うと同時に、ワクワクしている自分がいるのも事実です」と期待に胸を高鳴らせる。

 また、「日々起こることを視聴者の方々の目線を意識し、そして僕自身の生活者としての目線で専門のコメンテーターの方に疑問をぶつけ、どんどん掘り下げていきたいです。興味があることは全部! 特に子どもの問題や貧困は子育ての最中の僕にとっては気になる話題ですし、さらに今日本で起きていることすべてに貪欲に関わって、知って、行動していきたい。永島優美さんは笑顔がすてきな、心(しん)のある方というイメージです。僕の目線とは違った切り口で議論を白熱させていただける方です。この新しい朝の番組で皆さんと共に、時に笑い、怒り、悲しみ、楽しんでいきたいと思います。
どうぞ『めざまし8』をよろしくお願いします!」と意気込んでいる。

 谷原とタッグを組む永島アナは「番組名に入っている『めざまし』は私の原点であり、その新たな挑戦の一端を担えるワクワク感の一方で、ゼロからの挑戦という緊張も同時に感じています」と心境を明かし、「30歳という節目の年に、1人の女性として日本の今についてこれまで以上に深く、視聴者の皆さんと、そして谷原さんと共に考えられることが楽しみです。一方で、朝から元気が出るエンタメや生活情報といった『めざまし』らしい明るいニュースで一緒に笑いましょう! これまでの“『めざまし』らしさ”を受け継ぎつつも、これまでにない新しい『めざまし』にご期待ください!」と呼び掛けている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.