News ニュース

岡田健史、グダグダなリモートサプライズに「21年間で一番ひどかった(笑)」2020/05/13

 5月18日からFODで配信される、連続ドラマ「いとしのニーナ」のミニ番組「キャスト総出演『いとしのニーナ』徹底分析 SP」が、同日午後5:00から無料配信される。

 ドラマは、いくえみ綾氏の同名漫画が原作。幼なじみが起こした拉致事件をきっかけに、憧れの美少女・ニーナこと青田 新名(堀田真由)のボディーガードをすることになった高校生・外山厚志(岡田健史)が主人公の、不器用だが純粋で真っすぐなラブストーリーだ。

 今回の「徹底分析 SP」では、主演の岡田と堀田による対談形式のインタビューや、共演の望月歩、長見玲亜、笠松将も加わってリモ ート形式での座談会を実施。岡田と堀田の対談では、演じてみた感想や印象に残っているシーン、共演した後のお互いの印象、第2・3話の見どころについて語る。

 メインキャスト5人によるリモート座談会では、拉致という衝撃的な事件から始まるドラマの内容にかけて、撮影中に衝撃を受けた出来事や、今作におけるベストシーンについてそれぞれフリップ形式でトークを展開。個性豊かなキャスト陣の素顔に迫る。

 さらに、岡田の 21 歳の誕生日を祝うサプライズも敢行。堀田以外のキャストは別場所でリモート中継をしていたこともあり、グダグダなサプライズに、岡田は「21年間で一番ひどかったですよ」と苦笑。しかし、堀田から渡されたバラに見立てた牛肉のプレゼントを見ると「めちゃくちゃうれしい! すごくうれしい時って言葉が出てこないんですね」と感激していた。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.