News ニュース

中村倫也の顔を江頭2:50に合成!?「笑い疲れて首と頬が痛い」2020/12/22

 中村倫也が、TBS系で12月22日に放送されるバラエティー「もしも!AI動画ランド」(午後7:00)に出演する。

 同番組は、今年4月に第1弾を深夜帯で放送、8月にゴールデン帯での第1弾を経て、今回がゴールデンでの放送第2弾。二つの動画の「顔」を合成する「ディープフェイク」と呼ばれる最新のAI技術を使い、見たことのない「オモシロ動画」や、現実ではかなえられない「奇跡の動画」といった「もしも動画」を生み出す最先端の動画バラエティーだ。

 MCは前回に引き続き、山里亮太(南海キャンディーズ)とSHELLY。スタジオゲストには、草野仁、貴乃花光司、現役メジャーリーガーの前田健太選手をはじめ、バラエティー番組に引っ張りだこの佐藤栞里、小峠英二(バイきんぐ)、児嶋一哉(アンジャッシュ)ほか個性豊かな面々が登場する。そして、「もしも動画」の中から栄えある“最優秀もしもAI動画”を決定する審査委員長に、中村を迎える。

 数々の「もしも動画」が紹介される中で、江頭2:50の顔になんと中村の顔が合成された動画が! 中村は「こういった二つの顔が合成された動画は見たことがありましたが、自分の顔が合成された動画を見るのは今回が初めて。江頭2:50さんの顔に僕の顔が合成されてもそんなに違いを感じられなくて…ビックリです」と、完成度の高い「もしも動画」に驚いた様子で、「あと、自分の顔にいろんな芸人さんの顔が合成されると、パーツが顔面の下の方に集まるっていうのは新しい発見でした」と語る。

 そして今回も、有名アスリートやイケメン俳優など各ジャンルで活躍する人気者たちが絶対にできない、絶対にやりそうにない姿の「もしも動画」を制作。ベースとなる映像は、22日に最終回を迎える同系連続ドラマ「この恋あたためますか」(火曜午後10:00)や、2021年1月2日(午後9:00)の新春ドラマスペシャル「逃げるは恥だが役に立つ ガンバレ人類!新春スペシャル!!」の胸キュンシーン、そして人気バラエティー「アイ・アム・冒険少年」(月曜午後9:00)などをはじめ、江頭2:50やストレッチャーズ(ジャングルポケットのネタ)など今年話題を集めたバズり動画。そこに「われこそはどんな動画に合成しても絶対に映える!」という顔ヂカラ自慢の芸能人の顔を合成していく。

 さらに、のべ数万人の芸人の発言やネタを学習した大喜利AIと人気芸人の異色対決「大喜利AI vs 人気芸人」には、アインシュタインの稲田直樹やかまいたちが参戦。そして、AIを搭載し人間を自動で追いかけるドローンと鬼ごっこで対決する「AIドローン鬼ごっこ」には、世界陸上銅メダリストの現役トップランナーやトップアスリート並の筋肉美が自慢のSnow Manの岩本照らが挑む。

 収録を終え「笑い疲れて首と頬が痛いです。撮影に支障が出るかも」と笑う中村は、「そうそうたる方々が『もしも動画』に参加されていますが、まさかあの草野仁さんの顔を合成するとは…! ぜひ放送を楽しみにしていただきたいですね」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.