News ニュース

「黒革の手帖」に仲里依紗、高畑淳子、高嶋政伸が再集結!2020/12/16

 テレビ朝日系で2021年1月7日に放送されるドラマスペシャル「黒革の手帖~拐帯行(かいたいこう)~」(午後8:00)に、仲里依紗、高畑淳子、高嶋政伸の出演が決定。2017年に放送された連続ドラマで強烈な存在感を放ったキャストが、再び集結することになった。

 同作は、松本清張原作のサスペンス作品。“希代の悪女”である原口元子が若さと美貌と“黒革の手帖”を武器に、銀座の頂点に上り詰めていく姿を描く。今回放送される新作は、短編小説「拐帯行」が原作。銀座の頂点に上り詰めた元子だったが、連ドラの最終回で、彼女に警察の手が及び幕引きに。それから3年の時が経ち、刑期を終えた元子が新たなスタートを切るところから物語が展開する。

 仲が演じた山田波子は元子が銀行員時代に同僚だった派遣社員。誘われるがまま夜の世界に足を踏み入れ、元子の強力なライバルへと急成長。人気ホステスとなった波子は元子を敵視し、彼女を蹴落とすためあらゆる手段を講じて営業を妨害していた。今作でもその敵対心は健在で、金沢でホステスとして再出発した元子に嫌がらせをするため、はるばる東京からやって来る。

 波子の再登場に、仲は「久しぶりの『黒革の手帖』、久しぶりの波子、とても懐かしい気持ちで演じました」としつつも、「わざわざ元子に嫌がらせをするためだけに、東京から金沢まで出かけていく――冷静に考えると、その行為の方がムカつきますよね(笑)。だって、カッとなってさっと行けるような距離じゃないですよ、金沢って」と演じた本人も、波子の行動力に驚いた様子。「武井さんとは今回はちょっとしかご一緒できなかったんですけど、美しさが増していましたね。3年という時間は流れているのですが、対峙(たいじ)すると不思議とすぐに波子と元子になるんです。元子さんも3年前より語り口やたたずまいが大人になっていたような気がしました。わざわざ金沢まで元子にけんかを売りに行く相変わらずな波ちゃんですが、普段はどんなお店でママをしているのかな、とか、またランボルギーニねだってるのかな、とかそんなことにも思いをはせながら楽しんでいただけたらうれしいです」とアピールしている。

 高畑が演じたのは楢林クリニックの看護師長で、院長・楢林謙治の愛人でもあった中岡市子。元子に利用され一時はすべてを失った市子だったが、連ドラのラストで元子から“黒革の手帖”を奪い、彼女に警察の手が伸びるように仕向けた張本人だ。そんな市子は今作では物語の冒頭に登場。出所してきた元子が働き始めたスーパーでたまたま出会い、声をかけてくる。市子の出現により、元子は大きな決断をすることとなる。

 高畑は「『黒革の手帖』は大好きな作品なので、またスペシャルドラマがあることがとてもうれしかったですし、ドラマの幕開けに出演させていただき、ありがたいです。武井咲さんは、ちっとも変わらず、ママになったのに疲れも見せずキラキラと…相変わらず奇麗でした! 皆さ~ん、『黒革の手帖』! 帰って来ましたよ! 女の執念はドラマチックです」とコメントしている。

 そして、「上星ゼミナール」の理事長・橋田常雄に扮(ふん)するのが高嶋。金と元子に恐ろしいほどの執着を見せ、その粘着質な語り口と元子に迫る表情は、多くの視聴者を震え上がらせていた。そんな橋田の姿は今作でも健在。金沢で思いがけず元子と再会し、喜びを見せる橋田は、彼女を総売上1千億円を誇る「神代ソリューションズ」CEO・神代周吾(渡部篤郎)に紹介し、再び夜の世界へと復帰させる。

 高嶋は「3年経っても相変わらず橋田は粘着質な男です。そこの部分だけは絶対に残そうと思っていましたし、武井さん自身にも、『近寄られたくない!』と思われるくらいのリアリティーを出せればと思いながら臨みました。連ドラに続いて、またも元子と橋田の“組んず解れつ”なシーンがあるので、けがにだけは注意をし、“安心感の中のお化け屋敷”のような感覚で表現できればと思っています」と、さらなる演技プランを練っている様子を見せた。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.