News ニュース

JRAと「ほん怖」スタッフがタッグ! 松坂桃李、高畑充希ら出演の不可思議な物語2020/12/14

 フジテレビ系では12月26日に、土曜プレミアム「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」(午後9:15)を放送。同局の「ほんとにあった怖い話」の制作スタッフと、JRA日本中央競馬会がタッグを組んだ一夜限りのオムニバスドラマで、JRA日本中央競馬会のCMキャラクターを務める土屋太鳳、中川大志、葵わかな、柳楽優弥の4人がそれぞれのエピソードで主演を務め、同じくCMキャラクターの松坂桃李と高畑充希も出演する。

 年の瀬のある日喫茶店に集まった、頼れる兄貴分の岸本宏樹(松坂)、いつも頑張り屋の笹倉栞(高畑)、お調子者のムードメーカー・田島凌介(柳楽)、夢に向かって奮闘中の料理人・望月加奈子(土屋)、怖いものが苦手で涙もろい武藤晴人(中川)、かわいい妹キャラの森山莉子(葵)。彼らは、いつものように楽しく会話をしている中で、最近それぞれが体験した不可思議なエピソードを語っていく。それは一体どんな物語なのか。ドラマの詳細内容は後日発表予定。期待が高まる。

 企画を担当した後藤博幸氏は「これまでたびたび目にしてきた6人が出演されているJRAさんのCM。さまざまなバージョンが存在し、6人の個性も生かされ、そのどれもが魅力的だと感じていました。ふと、“今をときめくこの6人が何かドラマに登場したらどうなるだろう”と、そんなふうに思った時がありました。そのタイミングから何がベストかを探り、結論に至ったのが今回の企画です」と制作のいきさつを明かし、「12月26日の夜、CMで登場するカフェに6人が集い、それぞれの不可思議でちょっとだけ怖い超常体験を披露します。6人6様のバリエーションに富んだエピソードにぜひご期待ください」とアピールしている。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.