News ニュース

葵わかな&竹財輝之助で「年の差婚」実写化。“おじキュン”דピュアラブ”ストーリー2020/11/09

 葵わかなと竹財輝之助が、MBS制作、TBSほかで12月15日からスタートする、ドラマイズム「年の差婚」(MBS=火曜深夜0:59、TBS=火曜深夜1:28、初回は深夜1:38)でダブル主演を務めることが分かった。

 同ドラマは、電子コミック配信サービス・めちゃコミックでランキング1位を獲得し、累計ダウンロード数は700万を超える中間淳生氏による大人気の同名コミックを実写化。恋愛経験ほぼゼロで、全く男性に縁がなかった超ピュア女子・村上舞衣子(葵)が、父親の勧めでお見合いをした20歳年上のバツイチ中年男子・花里晴海(竹財)と結婚。年の差20歳のジェネレーションギャップがいとおしさを加速する“おじキュン”דピュアラブ”ストーリーだ。

 監督を務めるのは、映画「ストロボ・エッジ」や「オオカミ少女と黒王子」「PとJK」など恋愛映画の名手で、“胸キュン映画の巨匠”である廣木隆一氏。新しい発見や驚きがあって心地よい一方で、年の差婚ならではの問題も発生するが、それを前向きに乗り越えていく2人の心情を丁寧に描く。また、原作では15歳の年の差設定だが、ドラマ化にあたり“20歳差”と、さらに年の差を広げて描かれ、原作にはないオリジナルのストーリーも展開される。

 父親の勧めで、お見合いをした日に、大人な晴海にときめいてしまい、積極的にアプローチ。結婚まで持ち込むド直球な天然女子・舞衣子を演じる葵。本作へのオファーに「恋愛もののドラマ、ましてや奥さん役をほとんど経験したことがないので、私ですか!?と、うれしく思いつつもびっくりしてしまいました(笑)。そして『年の差婚』というタイトル。一体どんな夫婦なんだろう!?と、そちらも驚きました」と戸惑ったそうだが、「原作を読ませていただくと、舞衣子の周りを引っ張っていくほどの真っすぐさや、旦那さんの晴海さんとの優しくて温かい心のやりとりに、とても憧れを覚えました」と物語に引き込まれた様子。

 そして「2人が、時々失敗をしながらも、年の差を越えてすてきな夫婦になっていく日々を皆さんにお届けできるように、そして舞衣子らしく、竹財さん演じる晴海さんを全力で振り回していけるように(笑)。頑張りたいと思います!」と意気込みを語る。

 また、舞衣子の怒濤(どとう)のアプローチに根負けして結婚する晴海を演じる竹財は「原作を読ませていただきましたがいわゆる“イケおじ”でこりゃ大変だ、というのが第一印象です。僕もすでにオジサンで、知らないうちに守りに入っていることも多々あると思いますが、原作をリスペクトしつつ、ドラマの世界観で晴海を生きられればと思っております」と意欲を見せ、「葵さんは舞衣子を『ブルドーザーのようだ』と表現していらっしゃったのが印象的でした。瞳に力があるすてきな女優さんなので、精いっぱい振り回されたいと思います(笑)。どうぞお楽しみに」とメッセージを寄せている。

 原作者の中間氏は「このたびはこのようなすてきな機会をくださりありがとうございます。大変感激しております。葵さんの真っすぐなまなざしや満面の笑みなど、一目で『あぁ! 舞衣子だ!』と思いました。竹財さんの優しげな雰囲気や口調なども『完璧に晴海!』と、お二人ともイメージにピッタリで驚いています」と主演2人の配役を絶賛し、「こんなにすてきな役者さんたちに演じていただけて、本当に感謝で胸がいっぱいです。ほかの豪華なキャストさんたちもどんなふうに演じてくださるのか、今から放送が楽しみでなりません」とスタートを心待ちにしている。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.