News ニュース

満島ひかり×佐藤健W主演、宇多田ヒカルの名曲から生まれたNetflixオリジナルシリーズ「First Love 初恋」が2022年に配信2020/12/03

 Netflixは、満島ひかりと佐藤健がダブル主演を務め、宇多田ヒカルの楽曲からのインスパイアによって制作されるオリジナルシリーズ「First Love 初恋」を2022年に全世界配信することを発表した(開始日未定)。

 本作は、1999年に発売され大ヒットした宇多田の名作「First Love」と、その19年後に発表された「初恋」の2曲にインスパイアされたオリジナルドラマ。90年代後半と、ゼロ年代、そして現在の三つの時代が交錯し、20年余りにわたる忘れられない“初恋”の記憶をたどる1組の男女の物語だ。満島が、フライトアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄(ほんろう)される野口也英を、佐藤が航空自衛隊のパイロットになるも現在は別の道を進む、いちずで真っすぐな性格の並木晴道を演じる。そして、監督・脚本は04年に脚本家としてデビュー後、映画、テレビドラマ、ミュージックビデオなど多岐にわたって活躍する寒竹ゆり氏が担当する。

 Netflix作品に初出演となる佐藤は、「お話をいただいた時、正直、この座組ならなんでも面白くなるだろうって思いました。寒竹さんとは10代の頃に仕事をしていて、すごく印象に残っていた方だったので、またご一緒できることがうれしかった」と喜びを明かし、同じく初出演の満島は「私は、初めて八ヶ岳にある監督の家に行った時、こたつで打ち合わせしたのをよく覚えています。脚本を読みながら、このシーンのお芝居できるかなと不安に思ったところがあって、その場で演じてみたんですよね。そうしたら、寒竹さんが、ぽろぽろ泣き出して。寒竹さんは何年も前から脚本を書いてきて、目の前でキャラクターが動いたことで、ようやく物語が始まったんだなと感動しました」と語った。

 そして、佐藤のキャスティングについて満島は、「打ち合わせの中で、晴道役は佐藤さんはどうかな?と私が提案したんです。私はラブストーリーをほとんどやったことがないので、ドキドキする新しいキャスティングがいいなと思っていて。プロデューサーの坂本(和隆)さんがネットに出ている健くんと私の写真を合わせて、みんなで見ながら『似合う、似合う!』『この組み合わせが新しい!』って盛り上がったりして。そして、健くんがやって来てくれて、寒竹さんの筆が動きだして、脚本がもっと具体的に、もっとすてきに、ドキドキする場面が増えていった気がします」と明かし、佐藤も「僕自身、ラブストーリーは見るのも好きだし、挑戦したいとも思っているジャンルなので、ラブストーリーで声がかかるのはうれしくて。ただ、相手役の方は本当のところどう思ってるんだろうって気にしちゃうので、満島さんから『私が決めました』と聞けるとホッとするし、すごくうれしいです」と率直な気持ちを口にした。

 さらに、寒竹監督が「今回は脚本を作る時間、議論する時間、熟成させる時間がある。ありがたいです」と話すように、十分な準備期間を持てたようで、佐藤が「役者として、これだけ時間を与えてもらうことはぜいたくだし、感謝もしています。でも、もの作りって、本来はそうあるべきだなとも思っていて。それに、このくらい本気度の高い作品じゃないと満島ひかりは出てこないんだなと。なんというか、レアポケモンみたいに、なかなか会えないし、なかなか共演できない人なので、この機会は本当に貴重です(笑)」と述べると、満島も「確かに、なかなか出てこないかも(笑)。この話をいただいたのは、フリーランスになってすぐの時期で、心技体ともに健康のまま作品に関われるのか不安もあったんです。少し休んで、いろんな役の疲れがとれて、やっと自分に戻れていたのと、ドラマを作るためにドラマを作っていることにちょっと違和感が募っていて…。だから初めはいぶかしげに話を聞きにいったんですが、帰り道に涙があふれてきて。たぶん、寒竹さんをはじめ、坂本さんたちから熱い気持ちやいい緊張感が伝わってきたことから、ああ、私はこの人たちと出会ったんだなと心が動いたんです」と出演の決め手を告白した。

 また、「宇多田さんの『First Love』と『初恋』の20年間のエポックを、也英と晴道の20年間のドラマを通して描くことがすんなりイメージできましたし、あの歌詞からこの物語を描く必然性を感じました」と語る寒竹監督の脚本について、満島は「好きな人がすぐかたわらにいるのに恥ずかしくて見れない、でも目で追ってしまう、触れたくなる。そんな恋愛の時の豊かな感情が、透き通るように描かれています。これはもう、みんな晴道のことを好きになっちゃうなって」と太鼓判を押し、一方の佐藤も「僕はみんな也英のことを好きになるだろうなって。脚本を読んで、キュンキュンしてたし、特に高校生の2人のやりとりの甘酸っぱさは、映像で見たら、もっと胸キュンしちゃうと思います」とアピールした。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.