News ニュース

“俳優・佐藤健の6年半”を記録したスペシャルブックが発売から6年半で重版決定![佐藤健 in 半分、青い。]PHOTO BOOKも5度目の重版!!2020/06/11

 ドラマ、映画、CMなど幅広く活躍中の佐藤健。今年1月に放送された連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)で演じたドSなイケメン医師・通称“魔王”こと天堂浬役は、世の女性をとりこに。回を重ねるごとにSNSを中心に盛り上がりを見せ、いわゆる「恋つづ」現象を巻き起こした。

 そんな佐藤が2013年に発売した「6 1/2 ~2007-2013 佐藤健の6年半~ Vol.1 さくらんぼ/Vol.2 ロックバラード/Vol.3 風」シリーズ3冊の重版が決定。本作は「TVガイド」で07年夏から6年半にわたって掲載していた連載コラム「タケルモード」に、クリエーティブディレクターの箭内道彦氏によるディレクションで新たに撮り下ろしたグラビア&インタビューを加えたスペシャルBOOK。6年半もの膨大なボリュームにわたる軌跡を完全収録した貴重な本シリーズには再販を望むリクエストが寄せられており、発売からまさに6年半を経て今回の重版となった。

 07年1月にスタートした「仮面ライダー電王」(テレビ朝日系)で主演を務め、俳優として歩み始めた直後から、圧倒的な人気・実力を得るようになった13年までの佐藤のキャリアをほぼカバーする6年半もの連載記事は、まさに読み応えたっぷり。シリーズブック出版にあたり、箭内氏とのトーク形式で連載のすべての記事を振り返った佐藤本人も思わずツッコんだり、少し照れてしまったりするほど、あどけない表情や初々しいコメントも満載だ。取材・掲載のたびに少しずつ顔つきが精悍(せいかん)になってくるさまも一目瞭然。1人の俳優としての、そして1人の男性としての6年半の歳月を記録するとともに、撮り下ろしグラビアで見せた表情とも併せて楽しめる永久保存版のシリーズとなっている。

 さらに今回、18年9月5日に発売された[佐藤健 in 半分、青い。]PHOTO BOOKも重版が決定した。18年前期に放送された連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK)で、佐藤にとって20代最後、物語の重要な役割を担うヒロインの幼なじみ・萩尾律を演じた、まさに10カ月の記録。撮り下ろしポートレートに加え、長きにわたり時間を過ごしたNHKドラマセット内でもグラビア撮影が行われた。当時の佐藤の思いに深く迫るロングインタビューのほか、貴重なメーキング&オフショットも満載。さらに、律の人生を写真とともに振り返るプレーバック企画や、豪華共演者たちから佐藤へのスペシャルメッセージも掲載されており、20代最後の佐藤を切り取ったメモリアルな1冊としてロングセラーとなり、このたび5度目の重版(6刷)となった。

 30代になり、今後ますますの活躍が期待される佐藤の青年期を記録した貴重な作品に、再度注目が集まっている。

この記事をシェアする




Copyright © Internet TV Guide. All rights reserved.