News ニュース

松下奈緒、「レッドアイズ 」で3年ぶりに共演の亀梨和也は「変わらずジェントルマン」2020/12/03

 松下奈緒が、KAT-TUNの亀梨和也が主演を務め、日本テレビ系で2021年1月にスタートする連続ドラマ「レッドアイズ 監視捜査班」(土曜午後10:00、開始日未定)に出演することが分かった。

 本作は、愛する人の命を奪われた元刑事で特別捜査官の伏見響介(亀梨)と、天才的な頭脳を持った元犯罪者たちが、国内に500万台あるといわれる監視カメラを駆使した科学捜査によって、凶悪な連続殺人鬼に迫っていくスリリングなサイバークライムサスペンス。物語の舞台となるKSBC(神奈川県警捜査分析センター/全国500万台の監視カメラやNシステム、ネット解析・画像分析など日本国中から集まるビッグデータを駆使して犯罪捜査する架空の組織)で、伏見とチームとなるメンバーとして、趣里、シシド・カフカ、SixTONESの松村北斗も出演する。

 松下が演じるのは、KSBCのセンター長・島原由梨。冷静沈着で有能なKSBCの指揮官であり、また妻としての一面も持つキャラクターだ。松下は「神奈川県警捜査分析センターの統括責任者という役柄をいただき、とても緊張感があります。監視システムを駆使して凶悪な連続殺人鬼に迫る! これまでになかった、カッコいいクライムエンターテイメントになるよう頑張りたいです」と意気込み十分。

 さらに、亀梨とは3年ぶりの共演となる松下は「以前、夫婦の設定(2017年の『24時間テレビ スペシャルドラマ『時代をつくった男 阿久悠物語』』)で、ご一緒させていただきましたが、今回は捜査一課時代の先輩ということでとても楽しみですし、先日久しぶりにお会いした亀梨さんは変わらずジェントルマンで、役、このドラマに懸ける情熱を聞かせていただき、私も頑張らねばと思いました」と背筋を正す。

 そして「伏見響介の人生にどう関わってきたのか、そしてこれからどう関わっていくのか、ストーリー展開が楽しみです。寒い時期ではありますが、チーム一丸となって撮影を頑張りたいと思っております」と期待を持って、撮影に臨む。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.