News ニュース

眞栄田郷敦が「星になりたかった君と」で地上波初主演! ヒロインは日向坂46・渡邉美穂2020/11/30

 眞栄田郷敦が、2021年1月4・5日に日本テレビで2夜連続放送されるドラマ「星になりたかった君と」(深夜0:59、関東ローカル)で、地上波ドラマ初主演を務めることが分かった。ヒロインを日向坂46の渡邉美穂が演じる。

 ドラマは、日本テレビ×アニプレックス×LINE3社連携によるオールジャンルの小説コンテスト「第1回令和小説大賞」で大賞を受賞した遊歩新夢氏の「星になりたかった君と」を原案に実写ドラマ化。人生につまずき迷い続ける鷲上秀星(眞栄田)と、心臓病で入退院を繰り返し将来が見えない琴坂那沙(渡邊)の、星に魅せられた2人の運命的な出会いから始まる物語だ。

 眞栄田演じる秀星は、天文学者を志望するが、進路や人生で悩み大学を休学中。他人に心をあまり開くことなく、現在はプラネタリウムでアルバイトをしている。一方、渡邉演じる那沙は、幼少の頃に心臓発作を起こし、闘病生活を送っている大学生。星を見ることが唯一の心の癒やしというキャラクターだ。そのほか、物語のキーパーソンとなる謎の青年・ナユタ役で板垣瑞生、那沙の妹で、唯一の理解者である琴坂詩織役で高月彩良、秀星の祖父でパラレルワールドの理論を唱える天文学者・鷲上貴生役で嶋田久作も出演する。

 眞栄田は「今回、地上波ドラマで初めて主演を務めさせていただきますが、特別に気負うことなく、いつもと同じように、作品や役柄を大事に、撮影に入りました。現場はとても雰囲気がよく、役が合っているというのもあるかもしれませんが、とても居心地がいいです」と、いい環境で撮影が進んでいることを報告。

 そして「初めてこの作品の脚本を読ませていただいた時、ラブストーリーではあるのですが、とても奥深い、いろんなメッセージが込められている作品だなと感じました」と作品の印象を語り、「僕が演じる秀星という役は、天文学者になりたいという大きな夢を持っていて、進路や人生に悩み、人間関係も苦手でなかなか人に心を開けないという役どころです。『星が好き』という軸がある上で那沙と出会い、那沙の独特な考え方にどんどんひかれていって、人間関係が苦手な秀星の那沙への接し方、考え方などが変わっていくグラデーションを意識して演じています」と役柄と演技について説明。

 さらに「秀星とは年が近く、秀星が感じているやりたいことへの葛藤や、人間関係の難しさを感じることは僕にも経験があったので、役柄的に自分自身と重なるところも多く、演じやすかったです。スタッフさんやキャストの皆さんと一緒に、この作品をよい形でお届けできたらなと思っています」とメッセージを寄せている。

 「今回、このドラマのお話をいただいて、素直にうれしかったです。演技のお仕事がとても好きなので、こうして挑戦する機会をいただけたことをありがたく思います」と喜びと感謝を伝える渡邉は、「この作品の不思議な世界観にドキドキしながら、じっくり台本を読ませていただきました。最初はプレッシャーも感じましたが、程よい緊張感を持って撮影に臨めていると思います」と心境を語る。演じる那沙については「明るくてとても心(しん)の強い子だなと思います。自身の病と闘う彼女の姿からは、『生きたい』と切に願う真っすぐな思いが伝わってきました」と話し、「那沙のしなやかな強さをどう表現するか悩みましたが、監督からもアドバイスをいただきながら作り上げていきました」と役作りについて明かす。

 そして「この作品から、人とのつながりの大切さや日々の尊さを感じていただけたらいいなと思います。私も人を思う気持ちを忘れず、真っすぐ生きていきたいとあらためて思いました。言葉ではなく通じる思いや、2人の距離感が、新しいラブストーリーになっているのとワクワクするようなSF要素も詰まっているので、楽しんで見ていただけたらうれしいです」とアピールしている。

 また、ドラマ放送直後、深夜1:29からはHuluオリジナルストーリーとして「星になりたかった君と~もうひとつの物語~」の2夜連続配信が決定。新たなシーンを盛り込み、地上波放送版とは違った展開やエンディングが描かれている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.