News ニュース

りんごちゃんが「私の家政夫ナギサさん」スピンオフドラマで眞栄田郷敦と共演!2020/07/01

 7月7日にスタートする、多部未華子主演のTBS系連続ドラマ「私の家政夫ナギサさん」(火曜午後10:00)。そのスピンオフドラマとして、同日午後11:12から配信される、Paraviオリジナルストーリー「私の部下のハルトくん」にモノマネタレントのりんごちゃんが出演する。

 「私の家政夫ナギサさん」は、電子書籍サイトで連載中の四ツ原フリコ氏による同名WEB漫画をドラマ化。働き盛りで仕事に一直線だけど家事と恋はちょっと不器用なアラサー独身女性・相原メイ(多部)と、そんな彼女の家に派遣されたおじさん家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)が周囲を巻き込みながら、本当の幸せを探し出すハートフル・ラブコメディー。メイの仕事のライバルとなる田所優太役で瀬戸康史も出演する。

 そして、スピンオフドラマ「私の部下のハルトくん」で主演を務めるのは、本編で瀬川遙人を演じる眞栄田郷敦。メイが働く製薬会社に新入社員としてやって来た遙人は、効率主義で保守的な若者で、メイ曰く「全く理解できないスーパー新人類」。社会人1年目で右も左も分からない遙人だが、会社のエースで誰よりも仕事ができるメイが、遙人の指導係に。早速メイの仕事に必死でついていくも、たった1日で心が折れてしまった遙人は「この仕事向いてません…」と言う始末。そんないまどき男子の遙人が一人前の社会人になるまでを見守る、プチ成長物語だ。イマドキ新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情が盛りだくさんで、本編とどうリンクしていくかも見どころとなる。

 今回、りんごちゃんが演じるのは、メイや遙人らが働く「天保山製薬」横浜支店のメンバーが行きつけの店、薬膳居酒屋「万薬の長」の料理人・桃田咲太郎。遙人たちにいつでも明るく接するお店のムードメーカーだ。これまでもドラマ出演の経験はあるものの、役名とセリフのあるレギュラー出演は初となる。

 りんごちゃんは「咲太郎は私の分身なんじゃないかと思うほど、私自身とそっくりな人物です! かわいい面もありつつ、時にはとても男前なところもあり、“ギャップ”や“二面性”があるところなんかりんごちゃんそのものです(笑)」と役柄と自身を重ね、「正直、初めはとっても緊張していたのですが、撮影現場に入るとスタッフさん、共演者さんたちが優しく温かくて、心置きなく演じることができました。そしてもっともっと咲太郎を憑依(ひょうい)させていこうと思いました! とにかくハートフルで心が癒やされるこの作品を、たくさんの人に堪能してほしいです」と意気込んでいる。

 岩崎愛奈プロデューサーは「咲太郎さんは、登場しただけでなぜか元気になってしまうような、そんなキャラクターにしたいと思っていました。そこで真っ先に思い浮かんだのが、りんごちゃんでした。りんごちゃんが現場に登場した瞬間、スタッフは大盛り上がり! まさに元気をくれる存在です。キュートでサービス精神旺盛なりんごちゃんに、撮影のたびにおなかが痛くなるくらい笑わせてもらっています。とてもすてきなキャラクターになっていますので、お楽しみに!」とアピールしている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.