News ニュース

正月恒例「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」にバドミントン王者・桃田賢斗が初参戦!2020/12/01

 毎年恒例となっているテレビ朝日系で放送の正月特番「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」が、「夢対決2021 とんねるずのスポーツ王は俺だ!! 5時間スペシャル」と題して、2021年1月2日(午後6:30)に放送されることが分かった。

 同番組は、とんねるず(石橋貴明、木梨憲武)がスポーツ界の頂点に立つ強豪たちに真剣勝負を挑んでいくスポーツバラエティー。今回は、男子バドミントン界の頂点に君臨する絶対王者・桃田賢斗選手が初参戦を果たす。

 桃田選手が参加するのは、この番組だからこそ実現した「サッカーVSバドミントン対決」。サッカーを愛する木梨率いる木梨ジャパンと桃田が、三つのゲームで白熱のバトルを繰り広げる。木梨ジャパンは木梨をのほか、ナインティナイン・矢部浩之、森山直太朗、中山雅史、中澤佑二、潮田玲子、伊藤淳史、ぺこぱ・シュウペイ、ローランドのジャンルを越えた超強力布陣だ。

 第1ゲームは、今回は桃田1人に対して、木梨ジャパンはコートに5人まで入ることが許される「バドミントン対決」。第2ゲームは、サッカーのPKをバドミントンで行う「スマッシュPK」。第3ゲームは、牛の部位が書かれた牛肉パネルを10m離れた場所から狙う「祝丑年‼ 牛肉ショット」。長州力も“特別解説”というポジションで参加し、大暴走!? 真剣勝負と楽しい笑いがミックスされた戦いは必見だ。

 桃田選手は収録を終えて、「いつも年始に見ていた番組に自分が出演できるとは思っていませんでした。木梨さんをはじめ、テレビで見ている方たちとお会いできましたし、終始笑いっぱなしでした。面白いことを言うことについてはプロの方たちにお任せして、この場を思い切り楽しみました。今回、バドミントンでいろいろなことに挑戦して、『決まった!』と気持ちよくなる瞬間もあり、大満足です(笑)。人気のある『スポーツ王』でバドミントンを取り上げてもらえたことがうれしく、少しでも多くの人にバドミントンの楽しさや魅力を感じてほしいと思います。2021年もさらにバドミントンを盛り上げていきたいですし、バドミントンを頑張っている子どもたちにも励みになったらいいなと思っています」とメッセージを寄せた。

 また、毎年恒例となっている「卓球対決」ももちろんラインアップ。とんねるずの前に立ちはだかるのは、石川佳純選手と張本智和選手の日本卓球界を代表する最強タッグ。一方、とんねるずの助っ人には、水谷隼選手、吉村真晴選手と、こちらも長年日本卓球界を牽引し続けている2選手。おなじみとなったメンバーが今回も“変わりダネ”卓球バトルで熱戦を展開する。そんな中、とんねるずはサプライズで第3の刺客として、張本選手の妹・美和選手を投入。熱い兄妹対決の戦いを見て、何かを思いついた木梨の取った行動がとんでもない事態を巻き起こす。

 石橋はまず「新型コロナウイルスの影響で『スポーツ王』ができるのか心配しましたが、収録を始めることができて、ホッとしています。今回の『スポーツ王』は新しいスタイルになると思います。この番組でスポーツの新しい楽しみ方を示すことができたらうれしいですし、東京オリンピックへの弾みになってほしいです」と感慨深げに語る。

 そして「卓球では2年ぶりに張本智和選手が帰ってきてくれました。前回はまだ中学生だったので、体つきも子どもでしたが、すっかり体格がよくなり、雰囲気も少年というより青年という感じで、名実ともに卓球界のエースになりつつありますね。次回会う時は、五輪の一番いい色のメダルを持ってきてくれるんじゃないか、と期待しています」と張本選手の成長をを喜び、「佳純ちゃんも会うたびに、奇麗になっています。いつお嫁さんに行ってもおかしくないなと、もうお父さん気分ですよ(笑)。東京五輪は相当な決意で臨むでしょうから、こちらもいい結果を期待しています」と目を細める。

 今回の見どころに関しては「卓球の試合は、特に佳純ちゃんがこちらのトラップに慣れてきていますね。だから動揺してくれない(笑)。こちらもいろいろ考えるのが大変ですよ! とはいえ、次世代を担う張本美和選手も出てくれて、とても充実した試合になりました。これからどんどん収録が控えていますが、いいスタートが切れたと思います」と自信を見せている。

 木梨も「サッカーVSバドミントンでは、木梨ジャパンメンバーに『お正月のお祭りがあるけど、サッカーを一緒にやらない?』と自分から声を掛けました。みんなサッカーは得意なものの、バドミントンは初心者。それでも少しやったらすぐ対応してくれました。いいチームワークを作ることもできて、“一体感”という意味ではいいメンバーが集まってくれましたし、長州さんの存在自体が見どころです(笑)。世界ランキング1位の桃田選手は潮田さんから『世界中で敵う人はいない』と言われました。そんなプレーヤーが出てくれて、バラエティーを楽しみながら、決める時に決める。トッププレーヤーの真髄を間近で見ることができました」と手応えを語っている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.