News ニュース

安田顕が“親子の絆”を描いた特別ドラマで明石家さんま役! 息子・二千翔さんは佐藤勝利、娘・IMARUは葵わかな2020/12/01

 日本テレビ系で12月13日放送の「誰も知らない明石家さんま 第6弾」(午後7:00)の特別ドラマ企画「笑顔に会いに行く道」で、安田顕が明石家さんま、Sexy Zoneの佐藤勝利が息子・二千翔さん、葵わかなが娘・IMARUを演じることが分かった。

 同番組は、さんまのいまだに知られざる一面に迫る特別番組の第6弾。番組で恒例となった、さんまの半生を事実に基づいて描く特別ドラマだが、今回は、親子の絆の物語。二千翔さんが初めて父親について語るインタビューを基に、これまでテレビでは決して描かれることのなかった“父親・明石家さんま”をドラマ化。脚本は芥川賞作家でもある又吉直樹が担当する。

 「今回、脚本を読んで、いろいろと想像を巡らせました」という安田は、「4人家族で、家にいる時のさんまさん“杉本高文さん”って、どういう方なんだろう…と。大竹しのぶさんと結婚し、二千翔くんの父親になった時、二千翔くんに『パパ』や『お父さん』と呼ばせずに、『ボス』と呼ばせたさんまさんの思い。二千翔くんの生みの父親に対するさんまさんの思い…。明石家さんまさんと、父親としての杉本高文さんがうまく融合している“柔らかいさんまさん”を想像してみたり…」と楽しみながら脚本を読んだそう。

 そして、さんまの印象を「やっぱり粋ですよね」と話し、「息子や娘が今でもはっきりと覚えている名言がたくさんあるんです。『ウソは人を傷つけるけど、ホラは人を傷つけない』とか『たくさん失敗を経験した人だけが成功できるんだ』とか…。きっと、さりげなくおっしゃっていると思うんですよね。それが、お子さんたちの心にちゃんと残っている。すてきなお父さまだなと思います。自分も娘を持つ父親ですので、そういった部分の感情というものを大事に演じさせていただきました。今回のドラマは、いろんな方に楽しんでもらえる、ホロっとくるいいドラマになっていると思います」と自信をのぞかせる。

 佐藤は「役作りのために、さんまさんについてお話する二千翔さんのインタビュー映像を事前に拝見させていただきました。第一印象は、誠実で朴訥(ぼくとつ)とした空気をまとった中に、明るい笑顔がとても印象的な方でした。演じる際に、どこまで二千翔さんに近づくことができるか楽しみでもあり、不安でもありましたが、収録後、楽屋でさんまさんがスタッフに『二千翔の雰囲気がスゴく出ていた!』とおっしゃっていたことを聞いて、ホッとしています」と話し、「このドラマは“お笑いモンスター”さんまさんの、家族と向き合った時に見せる、人間味と繊細さ、愛情を知ることができると思います」と見どころを伝える。

 「IMALUさんとさんまさんのエピソードはとても温かくて、実際のお二人の関係性を想像しながら、参加させていただきました」と撮影前の心境を明かす葵は、「テレビで拝見させていただく姿とはまた違った、さんまさんとIMALUさんの家族としての雰囲気が醸し出せていたらいいなと思います。悩みを相談するシーンがあるのですが、さんまさんの答えがとても印象的でした。当時のIMALUさんはもちろん、見てくださる方の背中も押してくれるようなすてきなアドバイスだと感動しました。ぜひご覧ください!」とメッセージを寄せている。

 また、さんま自らアーティストを発掘しプロデュースする特別企画「さんま画商プロジェクト」の第2弾も放送。昨年放送の第5弾で受けたさんま人生初の脳ドックで、専門家により脳の特徴を調べたところ、最も向いている職業がなんと「画商」と判明。そこで、プロジェクトを立ち上げ、まだ無名のアーティストを一般公募し、選ばれた芸術家たちによるコレクター向けの展示会「明石家画廊」を開催。今年4月放送の姉妹番組「明石家さんまの転職DE天職」ではその第1弾の様子を追い、わずか1時間で1310万円の売り上げを達成した。今回はその第2弾として、一般向けの展示会を由緒ある「明治神宮外苑 聖徳記念絵画館」で実施する。

 そして、芸能界の内外を問わず、さまざま人に、さまざまな場面で名言(迷言)を残しているさんまの“あの一言には震えた”という名言エピソードを、豪華メンバーの証言とともに紹介。今回はプライベートでも親交のある名優・佐藤浩市をはじめ、話題の女優、伝説のトップアイドルが今でも忘れられないさんまの“神”名言にまつわるエピソードを明かす。

なお、番組にはゲストとして、岩田剛典、白石麻衣、三浦獠太、東野幸治、後藤輝基、児嶋一哉、滝沢カレン、フワちゃんが出演する。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.