News ニュース

7 MEN 侍・本髙克樹が「トッカイ」でドラマ初出演。伊藤英明、中山優馬の気遣いに感謝2020/11/20

 本髙克樹(7 MEN 侍/ジャニーズ Jr.)が、WOWOWプライムで2021年1月17日にスタートする「WOWOW開局30周年記念 連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部」(日曜午後10:00)に出演することが分かった。

 本作は、ノンフィクション作家・清武英利氏の「トッカイ バブルの怪人を追いつめた男たち」(講談社)が原作。バブル経済崩壊後の1996年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権取り立てを目的とした国策会社「住宅金融債権管理機構」が設立された。中でも悪質債務者への取り立てを任務とする不良債権特別回収部(通称・トッカイ)の奮闘は想像を絶するものであった。ドラマでは、そんな彼らの長きにわたる闘いを描く。

 トッカイの指揮を執る主人公・柴崎朗を演じる伊藤英明はじめ、最若手ながら明るく前向きに回収に取り組む葉山将人を中山優馬、紅一点の多村玲を広末涼子、大手銀行マン出身ゆえのプライドの高さで柴崎たちと対立する塚野智彦を萩原聖人が演じる。

 本髙演じる斎藤久志は、柴崎が出向になる前の勤務先・あおば銀行の大阪融資部の部下となり、融資部の調査役として柴崎と一緒に不良債権の回収を担当する。柴崎と一緒に行った小さな印刷会社など回収の仕事を通じて、バブル崩壊後の世の中や人々の変化を冷静に感じ取る優秀な若手を演じる。

 ドラマ初出演の本髙は「ドラマ出演に以前から憧れていたので、聞いた時はとてもうれしかったです。しかも小さい頃から見ていた伊藤英明さんの部下役ということで、更にテンションが上がりました」と大興奮の様子。また「初ドラマという緊張もあり自分が萎縮してしまうような気がしたので、台本を持ち込まなくても大丈夫なくらい準備をし、現場では堂々としているようにしました(笑)」と明かす。

 伊藤との初共演には「現場を盛り上げてくださるとても気さくな方でした。初ドラマながらも、リラックスして臨むことができ『緊張とかしないの? すごいね!』と言っていただきましたが、伊藤さんにたくさん和ませていただいたお陰だと思っています。本当に面白くて、男前な方でした」と感謝。

 そして「(演じる)斎藤はまだ若く、柴崎の部下として働く中で住専問題の露見を目の当たりにして、さまざまなことを学んでいきます。自分も初のドラマ現場で日々伊藤さんから演技を学びながら参加させていただきました。伊藤さんと上司と部下のような関係で撮影に挑ませていただいた作品です。たくさんの方に、住専問題を中心として描かれる人間ドラマを楽しんでいただきたいです」とメッセージを寄せている。

 なお、このほど本作にレギュラー出演する、ジャニーズ事務所の先輩・中山の撮影現場を見学。「優馬くんとは同じシーンこそなかったですが、現場を見させていただき、カッコいいの一言につきました」と憧れのまなざしで見つめ、「撮影後には趣味のお魚の話で盛り上がり、お魚の勉強をさせていただきました(笑)」と振り返った。今後2人のミニトーク動画も公開予定。こちらにも期待したい。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.