News ニュース

西島秀俊、竹内涼真が吹き替えを担当!“ポケモン”のハリウッド実写映画「名探偵ピカチュウ」地上波初放送2020/04/26

 5月22日の日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜午後9:00)では、世界中で愛されるピカチュウがハリウッドで初の実写映画デビューを飾った「名探偵ピカチュウ」を本編ノーカットで地上波初放送する。

 同作は、人間とポケモンが共に寄り添いながら暮らす不思議な街〈ライムシティ〉を舞台にした冒険物語。行方不明の父親を捜しにライムシティを訪れた青年・ティム(ジャスティス・スミス)は、稲妻のような尻尾、赤い頬、鮮やかな黄色い毛、ふわふわボディーの名探偵ピカチュウと出会う。人間の言葉を話すピカチュウに驚きながらも、ピカチュウが父親のパートナーだったこと、そして記憶を失っていることを聞いたティムは、ピカチュウと手を組み、父親が関係している事件の謎に挑むことになる。

 吹き替え版では、名探偵ピカチュウの声を西島秀俊が担当。ピカチュウとコンビを組むティムの声を竹内涼真が担当し、竹内はトレーナー役で1シーンだけ出演している。そして、ライムシティ警察の刑事役に扮(ふん)するのは渡辺謙。“親子の愛の物語”として子どもから大人まで楽しめる作品となっている。

 さらに、映画には、ピカチュウ以外にも人気のポケモンたちがたくさん登場。頭痛が激しくなると不思議な力を発揮するコダックや、神秘的なシーンで登場するフシギダネ、名探偵ピカチュウとバトルを繰り広げるリザードン、そして事件のカギを握る伝説のポケモン・ミュウツー。かわいいだけではない、さまざまな魅力を持ったポケモンたちはどれも必見だ。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.