News ニュース

松本人志が驚く“地上波全国放送レギュラーゼロ”山口智充の心境2020/04/23

 ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人が、豪華ゲストたちと酒を飲みながら本音で語り合う「ダウンダウンなう」(金曜午後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」。4月24日放送回には、山口智充と岡崎体育がゲスト出演する。

 “ぐっさん”こと山口は、ダウンタウンとは約10年ぶりの共演。意外にも坂上とは初共演となる。山口とダウンタウンは同じ吉本興業所属でありながら、なかなか会う機会がなかったそうで、松本は「ぐっさんや!」としみじみ。山口も「ダウンタウンさんや!」と久しぶりの再会を喜びつつ、宴がスタートする。

 山口は、今月から地上波全国放送のレギュラー番組がゼロになったことがネットなどで取り上げられ、話題となった。しかし、山口の意外ともいえる現在の心境に、松本は「芸能界で一番“怒り”“悲しみ”の感情がない人」と驚く。

 さらに、人気ミュージシャン・岡崎体育は、“ミュージックビデオのあるある”を歌った「MUSIC VIDEO」が話題に。2019年には、さいたまスーパーアリーナでの単独公演を成功させたほどの人気ぶりだが、自分のキャラクターについて悩んでいると切り出す。

 NHK連続テレビ小説「まんぷく」で俳優デビューも果たした岡崎だが、松本から「朝ドラに出たのに『紅白歌合戦』には出場してないの?」と指摘されると、「出場したいけれどオファーがない」とぶっちゃける。

 朝ドラ出演以外にも、番組のテーマソングを担当したり、レギュラー番組を持っていたりと、NHKへの貢献度はかなり高いと自信ありげに語る岡崎だが、自分なりに分析した結果「紅白」出場を目指すにあたり、決定的に足りないポイントがあることに気付いたらしい。一同爆笑のその分析内容とは?

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.