News ニュース

小澤廉、北村諒らがスマホで撮影&調査! 新感覚バラエティー「ゆる系忍者隊 ニンスマン」2020/10/03

 テレビ朝日では10月4日から「ゆる系忍者隊 ニンスマン」(日曜午後11:55、一部地域を除く)がスタート。同番組は、映画、ドラマ、声優、2.5次元舞台と、幅広いジャンルで活躍する、小澤廉、糸川耀士郎、一ノ瀬竜、板垣李光人、北村諒が、イマドキの忍者ユニット“ニンスマン”を結成し、日常にあふれるくだらないけど気になる情報の数々を、スマートフォンを駆使して調査、解明していく。

 ドラマシーンでは5人のキャスト陣が掛け合いを演じていくほか、調査に出勤する際には、アニメ化するのも番組の魅力。アニメーションを手掛けるのは、大人気スマホ乙女ゲーム「イケメン革命◆アリスと恋の魔法」をはじめ、ゲームや書籍、VTuberなど、数々のキャラクターデザインを手掛けるイラストレーター・TCB。また、“ニンスマン”に次から次へと指令を出す謎の上官を、かまいたち・濱家隆一が演じる。

 石川黄之介/イエロー役を務める小澤は、「スマホがすごい画質がいいので、番組では心霊スポットにみんなで調査しに行って、心霊写真が撮れるまで絶対『帰れま10』をやりたいなと思っています。泣き出す人がいるんじゃないかなっていうくらい大変なロケにしたいなと思ってますね。でも、1人では行かないです。『ニンスマン』なんで、みんなを巻き込んで5人そろっていきたいと思っています」と意気込みを熱弁。

 霧隠緑丸/グリーン役の糸川は「普段2.5次元の舞台を中心に活動をしているのですが、首都圏以外の地方で2.5次元がどれだけ知られてるのかなど、調査してみたいです。地方公演では大きな都市に行くことが多いので、例えば僕の地元の島根県などにも浸透してるのかなど気になります」と、人気2.5次元俳優陣で結成されるニンスマンだからこその着眼点を披露した。

 また、服部赤蔵/レッド役の一ノ瀬は「お芝居パートとアニメCGパートがあって、変身もあるんですよ。ぜひその変身を見ていただきたいですね。毎週楽しみにしていただけたらなと思います。では変身してきます! ニンスマン!」と、ドラマ×バラエティー×アニメが融合した新感覚バラエティーならではの見どころを語った。

 “美しすぎる少年”との呼び声高い板垣は、望月もも/ピンク役を担当。「ピンクは甘いものが好きだったり、あざとかったりしますが、僕も第一印象でそう思われがちなんですけど、結構逆です。中性的なところが唯一似ているかもしれません。衣装は、オーバーサイズな感じのジャケットや派手なリボンも特徴的で可愛いなと思います。さらに萌え袖です」と、自身の意外な一面を見せる。

 風魔蒼次郎/ブルー役の北村は放送開始にあたり、「世の中にあふれている、皆さんが気になってる物などを調査するところはもちろんですが、僕らのニンスマンと上官役の濱家隆一さんとの掛け合いや、シュールな空気感を楽しみにしていただけたらうれしいなと思います。視聴者の皆さんがお仕事終わっておうちに帰ってテレビつけて、なんかくだらないことやってるなとかフッと力抜きながら見て、ちょっとした息抜きだったり、癒やしになれるような番組にしていけたらいいなと思っております」と視聴者にメッセージを送っている。

 なお、初回は「いろんなところにスマホを仕掛けてみたSP」と題して、「お風呂でみんな何を歌っているのか?」「世の中に花束をもらって喜ばない女性はいないって本当?」「芸能界を夢見る若者は寝ている時どんな夢を見ているのか?」を調査する。


この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.