News ニュース

仲村トオル、岸谷五朗主演で横山秀夫の傑作がドラマ化! 二つの視点から描かれる“事件の真相”とは?2020/09/24

 テレビ東京系の「月曜プレミア8」(月曜午後8:00)では、10月26日に「横山秀夫サスペンス 沈黙のアリバイ」、11月9日に「横山秀夫サスペンス モノクロームの反転」を放送する。

 ドラマの原作は、警察小説の最高傑作との呼び声も高い横山秀夫氏の連作ミステリー短編集「第三の時効」に所収されている同名小説。山梨県警本部の強行犯捜査係を舞台にした“県警史上最強”とうたわれる捜査チームで、班長を務める2人の男の生きざまを通して、事件の真相に迫る本格警察ドラマだ。

 強行犯捜査係一課、通称“一班”の班長・朽木泰正を演じるのは仲村トオル。鋭い洞察力と経験に基づく捜査理論で事件を解決に導き、チームは検挙率No.1を誇る。一方で、笑顔を一切見せない“青鬼”の異名を持つ孤高の刑事というキャラクター。

 そんな“一班”に対抗心を燃やし、共に山梨県警本部の強行犯捜査係を引っ張る三課・通称“三班”の班長・村瀬恭一を演じるのは岸谷五朗。朽木とは対照的に、本能と直感を武器に捜査を展開する天才肌の刑事だ。

 それぞれにタイプが違う2人の刑事が、異なるアプローチと信念で事件解決に向けて捜査に挑んでいく。また、この2作は「沈黙のアリバイ」が朽木、「モノクロームの反転」が村瀬と、主人公が入れ替わる手法が取られている。両作品を併せて見ることで、朽木と村瀬という“静と動”の刑事2人の関係性や事件に対する思い、全く違う視点で事件を見つめる姿が浮き彫りになっていく。

 「沈黙のアリバイ」では、朽木ら一班が追っていたパチンコ店の現金輸送車を襲った強盗殺人犯の共犯と見られる男を逮捕し、自供を取ることに成功する。だが、その男の初公判の日、男は自らの証言を翻し、脅されて自供したと主張。さらに新たなアリバイを告白する。取調室の密室で何が起きたのか。そこに仕掛けられた巧妙な罠(わな)とは?

 「モノクロームの反転」では、山梨県の山間部で夫妻と5歳の息子の一家刺殺事件が発生。村瀬率いる三班が出動するが、一課の課長は一班も向かわせ、ぶつかり合う二つの班が一つの事件を捜査する異例の事態に。朽木は「一班が乗り込めば一班の事件になる」と息巻き、村瀬は「あいつらは白アリだ。事件を食われるぞ」と班員たちにげきを飛ばす。異なる視点から捜査を進め、意地とプライドがぶつかり合う中、真実にたどり着くのは?

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.