News ニュース

吉谷彩子&井之脇海が「ハルとアオのお弁当箱」W主演。オタク女子&ジェンダーレス男子のあったかい物語2020/09/18

 BSテレ東では10月12日から、連続ドラマ「ハルとアオのお弁当箱」(月曜深夜0:00)がスタート。吉谷彩子と井之脇海がダブル主演を務めることが分かった。

 同作は、まちた氏の同名漫画が原作。オタク女子であるハルこと木野春葉(吉谷)と、アオことジェンダーレス男子の佐藤蒼(井之脇)が心温まるお弁当を通した触れ合いによって、前向きに生きていく“お弁当ドラマ”。服や化粧よりもゲームやアニメのためにお金と時間を使いたいハルは、ある日、自分を憐れむ世間の目に落ち込んでしまう。そんな時に出会ったアオと、勢いで同居生活を始める。同居のルールは、‟お互いにお弁当を作り合う“こと。誰かを思って作るお弁当。誰かに作ってもらったお弁当は、こんなにも幸せで元気になれる。心もおなかも満たされる、あたたかいお弁当レシピも必見だ。

 連ドラ初主演の吉谷は「初主演ということで、プレッシャーはありました。このお話は(ハルとアオ)2人の会話がとても多いので、セリフ、覚えられるかな…という心配もありました。でもやるからには、堂々と楽しくやりたいと思います!」と気合十分。また、台本を読んで「とても心温まる本だなと思いました。ハルもアオもお互いを思う優しい気持ちがとってもリアルに描かれていて幸せな気持ちになりました。そして、実際に私が学生の頃、母が作ってくれたお弁当で大好きなものがあって、それがこの台本にも書いてあった時は、運命だな!って思いました」と縁を感じている様子。

 撮影現場の雰囲気については「現場の雰囲気も柔らかくて、とても楽しいです! あと今回本当にセリフ量とシーン自体が長いので、私も井之脇さんも少しNGを出してしまうんですけど、井之脇さんのNGがアオさんそのもので。もうそれがかわいくてかわいくて。逆にNGたくさん出してほしい!って思っちゃいました!(笑)。そして、どんな時もアオさんでいる井之脇さんの姿勢に感動しましたし、あらためてプロ意識の高さを痛感しました」と、エピソードを明かす。

 そんな井之脇は「お弁当の送り合いを通じて、心を通わせていくハルとアオの様子がとてもすてきだと思いました。そして、僕自身が母に作ってもらっていたお弁当にもたくさん愛情が詰まっていて、蓋を開けるのが毎日楽しみだったなぁ、と懐かしい気持ちになりました」と語り、「吉谷さんに、撮影初日に、いきなり顔写真を撮られて『海くんは88%シュッコンカスミソウだね』と言われました。どうやら花の名前が分かるアプリで遊んでいたようですが、おかげで初日の緊張感がほどけて、スッと撮影に入れました。それからもいろんな話をして、撮影が進むにつれ、吉谷さんとお芝居の呼吸もどんどん合ってきて、息の合ったコンビが出来上がってきている実感があります」と手応えを感じている。

 そして、「ハルちゃんはズボラで怠けているけど、優しい気持ちをしっかり持ってたり、アオさんは真面目で優しいけど、感情がうまく出せなかったり。完璧に見えてもどこか人間には欠点があって、いろんな悩みがあって。そういうところを皆さんにも少しでも共感して、そして、温かい気持ちになってもらえたらうれしいです!」(吉谷)、「このドラマに描かれるお弁当には『小さな幸せ』が詰め込まれています。僕は脚本を読んだ時、その小さな幸せをお裾分けしてもらった気分になり、心が元気になりました。 きっと、たくさんの方にこの小さな幸せを感じていただけると思います。ぜひご覧ください」(井之脇)と、それぞれメッセージを寄せている。

この記事をシェアする


Copyright © TV Guide. All rights reserved.