News ニュース

西野七瀬、桜井ユキ、井之脇海が「アンサング・シンデレラ」クランクアップ2020/09/16

 9月24日に最終回を迎える、石原さとみ主演のフジテレビ系連続ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(木曜午後10:00)。本作に出演しているレギュラーキャストの西野七瀬、桜井ユキ、井之脇海がクランクアップを迎えた。

 同作は、萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどり(石原)が、新人の相原くるみ(西野)、先輩の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部の面々と共に、患者の“当たり前の日常”を守るために奮闘する姿を描いている。

 3月初旬にクランクインしてから約半年間に及ぶ期間を経て、3人は撮影を終えた。ラストの撮影は病院薬剤師にとって主戦場ともいえる調剤室でのシーン。スタッフの「西野七瀬さん、桜井ユキさん、井之脇海さん、クランクアップです!」の声が上がると、石原が花束を持って登場。それぞれのイメージカラーであしらわれた大きな花束を受け取った3人は、満面の笑みを浮かべ、感謝の言葉を述べた。

 西野は「クランクインした日からずっと楽しくて。もちろん大変だったこともありましたけど、それを含めて乗り越えられたことがよかったなと思います。役者さんもスタッフさんもいい人ばかりで、本当に大好きな現場でした。この役に巡り合えたことがすごくうれしかったです。皆さんまたどこかで会えたら、また仲良くしてください」と語った。

 桜井は「リハーサルを始めて、調剤の勉強をしている時は正直不安もあったのですが、いざ撮影が始まると、石原さとみちゃんを筆頭にすごくいいチームワークだったので、安心して薬剤部の撮影に臨むことができました。本当に楽しい撮影だったので、終わるのが寂しいです。残りの撮影も皆さん頑張ってください」とエールを送った。

 井之脇は「すてきなスタッフ、キャストの皆さんのおかげで今日という日を迎えることができました。撮影はまだ残っていると思いますが、最後まで事故やけがなどなく、体調管理にも気を付けてください。オンエアを見るのを楽しみにしています」と期待を込めた。

 9月17日放送・第10話では、瀬野の入院が決まり、薬剤部へ報告にやって来る。瀬野の治療薬選びに頭を悩ませるみどりは、薬剤部副部長・七尾拓(池田鉄洋)から、ある薬の資料を提示される。だが、その使用には難題が山積していた…。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.