News ニュース

「24時間テレビ43」嵐&井ノ原快彦らがギネス世界記録に挑戦! 予想もできない結果に松本潤が思わず涙!?2020/08/23

 現在、日本テレビ系で放送中の「24時間テレビ43『愛は地球を救う』 」(8月22日午後6:30~23日午後8:54)。V6・井ノ原快彦、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太をメインパーソナリティーに迎え、「動く」をテーマに東京・両国国技館からさまざまな企画を生放送。昨日22日には、歌舞伎役者の市川海老蔵が日本全国に元気を届けるために企画した、一夜限りのスペシャル歌舞伎パフォーマンス「市川海老蔵 広末涼子 柳葉敏郎が動く 失われた日本の夏、ふるさとの祭り」や、重岡が主演を務めたスペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」を放送。さらに、「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」では「メインパーソナリティー記念館」と題し、メインパーソナリティーの人生を深掘り。また、「フライングディスク最速リレー」のギネス世界記録達成を目指し、嵐と対決を繰り広げるなど、笑いと感動の場面が次々と届けられた。

 「嵐にしやがれ 24時間テレビスペシャル」は、8月22日午後11:00頃に放送された。ゲストにメインパーソナリティーの5人を迎え、まずは彼らのエピソードを明かす「メインパーソナリティー記念館」のコーナーを。井ノ原はドラマ「西部警察」(テレビ朝日系)に憧れ、ショットガンを持ってみたいがために最終的にアイドルを目指した話を、増田はサッカーの試合への出場を諦めてジャニーズの道へ進んだエピソードを披露。重岡は笑顔を作るのがとにかく苦手だった過去を告白、北山はコンサートでのデビュー発表にテンションが上がりすぎて1人でステージを駆け抜けてしまった話を、恥ずかしがりながら明かした。

 岸は先輩にお世話になった話として、ロケバスの中で国分太一と二宮和也に長時間にわたって人生相談をしたものの、車内のエアコンの音などが大きすぎて二宮の話が3割程度しか聞こえなかったことを初めて告白した。また、数々のエピソードが明かされる中で、嵐と共に“ジャニーズあるある”の話も。相葉雅紀はジャニーズJr.の頃に振付師の先生によく怒られたエピソードを披露し、共感を呼んでいた。

 「ギネス世界記録達成しやがれ」のコーナーでは、偉業を達成すべく嵐とメインパーソナリティーらがギネス世界記録に挑戦。一つ目の競技は、昨年の「24時間テレビ42」以来、嵐がずっと挑戦している“20m最速フライングディスクリレー”。20mの距離に5人が均等に並び、フライングディスクを投げ1往復するタイムを競う種目で、世界記録は6.83秒。初挑戦のメインパーソナリティーチームは、練習で8.17秒という好記録を出し意気込むも、本番では重岡からのパスを岸が受け取ることができず失敗してしまう。

 今回で3度目の挑戦になる嵐チームは、櫻井翔が「私たち先日(2019年のアルバム販売枚数で)ギネス記録を頂戴している。3度目の正直じゃなく、二つ目のギネスをもらいにいきます!」と力強く意気込むが、練習では大野智の1投目が大きすぎて松本潤が受け取れずに失敗。松本、相葉、櫻井、二宮は十分な練習ができない状態の中、松本が「二つ目とったるわ!!」と意気込みいよいよ本番へ。しかし、本番でも大野の1投目を松本が受け取れず失敗し、思わず爆笑してしまう松本だった。櫻井が「もう1回やらせて! だって俺たち1回もやって(触って)ないもん!」と懇願すると、その敵を取るべく、最後には日本代表の経験を持つ選手を擁する“フライングディスク・スペシャリストチーム”が登場。全員のスピーディーな連係プレーで、練習で6.71秒を、本番で6.60秒を記録し、見事ギネス世界記録を達成。それを受けて松本は「(嵐チームの記録が)あまりにもショックで裏で泣いていたけど、ギネス世界記録が出たということで、歓喜の涙に変わりました」と笑顔を見せた。

 続いての競技は、“おたまでシリンダー水移動”。おたまを使って30秒以内に1m離れたシリンダーに水を移動させるというもので、世界記録は1385ml。番組では、全員で予選を行い上位2人がギネス世界記録に挑戦できるということで、まずは予選1組目に、松本、大野、井ノ原、重岡、岸が出場した。激戦の中、持ち前の器用さを発揮した大野が1位の980mlを記録しギネスへの挑戦権を獲得。

 予選2組目には、櫻井、相葉、二宮、増田、北山が出場。ディスクリレーではディスクに触れられなかった櫻井が「われわれ(櫻井、相葉、二宮)は初めてのギネスなので緊張します」と笑わせつつ、5人とも慎重に挑んだ。その結果「こぼした分が損になると思ったので結構丁寧にやりました」という北山が、920mlを記録して1位に。

 そして、予選を勝ち上がった大野と北山がギネス記録へ挑戦。「(ディスクを投げられていない)メンバー3人のために水を運びます」と意気込んだ大野だったが、記録は900mlと予選の記録を下回ってしまう結果に。大野は「途中から俺、何やってんだろうと思って」と答えながらも、「え~、まじか! 結構途中いいと思ったけどな」と悔しい表情を見せた。最後の挑戦となった北山も、丁寧に水を運びやり切った表情を見せたが、915mlとまた予選の記録を下回ってしまい全員が世界への壁を感じる結果となった。

 そんな微妙な空気を察した櫻井から、自らがとても気に入っているという「岸の『自身の足を、自在につらせることができる』という特技を見たい」との提案が。岸が早速「入りました!」と渾身(こんしん)の特技を披露するも、ギネス審判員のジャッジは失格。櫻井も「こんなにテレビで伝わらない特技あります!?」と笑わせて締めくくった。

この記事をシェアする




Copyright © TV Guide. All rights reserved.